ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

謹賀新年 年頭のあいさつ

1/40

埼玉県白岡市

白岡市長 小島 卓(こじま すぐる)

 新年あけましておめでとうございます。
 市民の皆様におかれましては、健やかに平成31年の新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。
 旧年中は、市政全般にわたり、格別のご理解とご協力を賜りましたことに厚くお礼を申し上げます。

 さて、本年は、4月に統一地方選挙や天皇陛下のご退位、5月に皇太子殿下のご即位及び改元、9月にラグビーワールドカップの埼玉県・熊谷市開催などが予定されており、市民の皆様は高い関心をお寄せのことと存じます。
 国の経済状況に目を向けますと、アメリカのトランプ政権が仕掛ける貿易摩擦や通商問題、イギリスのEU離脱問題、中国経済の動向などの海外要因に左右されながらも、景気の拡大が戦後最長となることが予測されております。
 しかしながら、本年10月には消費税率10パーセントへの引き上げが予定されており、消費の低迷が懸念されます。
 国は、経済対策として、キャッシュレス決済のポイント還元、自動車及び住宅購入時の負担軽減策等の消費の落ち込みを防ぐ対策、軽減税率制度の導入やプレミアム付き商品券の発行など低所得者向けの対策、幼児教育・保育の無償化などの社会保障の充実策、公共事業の実施による国土強靭化対策等を講じる予定とのことでございます。増税に向けた環境をしっかり整備し、実効性のある消費下支え策の実施を期待するところです。

 本市も厳しい財政状況の中ではございますが、昨年は、温暖化の影響による記録的な暑さに対応するため、市内小中学校全ての普通教室及び特別教室にエアコンを整備いたしました。
 また、市民の皆様待望の白岡市生涯学習センター、愛称〔こもれびの森〕が10月に開館し、生涯学習・地域コミュニティ・文化創造の拠点として、これまで大変多くの皆様にご利用いただいており、私もうれしく思っております。
 秋の風物詩である白岡ふるさとまつりや農業祭などのお祭りに加えて、記念すべき第1回こもれびの森まつりも開催され、皆様に楽しんでいただくことができました。私は、このようなイベントにより市民の皆様の相互交流が図られることは、ふるさと意識の醸成やよりよい地域社会形成の一助となり、さらなる市の発展につながるものであると考えております。
 多くの地方自治体で人口が減少している中にあっても、本市はわずかながらも増加の傾向にあり、順調に市政運営が進展していると考えておりますが、今後の人口減少社会に対応し、活力ある地域社会を維持していくために、住みよい環境の整備や安心安全に暮らせるまちづくりに引き続き取り組んでまいります。
 また、本年も、第5次白岡市総合振興計画基本計画で位置づけた3つの重点プロジェクト、白岡中学校周辺区域の有効な土地利用を推進し、この区域のにぎわいの創出を図る「まちのにぎわい創出プロジェクト」、大山地域・菁莪地域の持つ特性や環境を生かして、両地域の活性化や生活利便性の向上を図る「地域活性化プロジェクト」、市の未来を担う子どもたちの夢と希望を応援する「白岡こども・ゆめ・みらいプロジェクト」に積極的に取り組んでまいります。
 さらに、都市計画道路整備の着実な進捗や教育の充実、福祉施策、防災施策など、「うるおいとやすらぎの生活未来都市」の実現に向け、各種施策を展開してまいります。

 国においては、少子高齢化という大きな課題を抱えながらも、人生百年時代の到来をチャンスと捉え、生涯現役、生涯活躍の社会を実現するために、シニア世代の雇用促進や労働制度をはじめとする社会保障制度全般の改革を進めるとしています。
 本市においても、元気なシニア世代の皆様に、そのご経験とご見識を活用していただき、地域の活力として生き生きと活躍していただくために、アクティブシニア活躍支援事業において社会参加等を応援してまいります。
 平成31年の年頭に当たり、気持ちを新たに、今年一年のまちづくりが未来の白岡市の礎を築くものであるとの確信のもと、引き続き、新しいまちづくりに全力で取り組んでまいります。
 これまで以上に市民の皆様の活力をまちづくりに生かし、発展を続けるまちを目指してまいりますので、皆様におかれましては、市政運営に、より一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 市民の皆様の、この一年のご多幸とご健勝を心からご祈念申し上げ、あいさつとさせていただきます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU