ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成31年度 個人住民税のお知らせ

2/36

埼玉県神川町

個人住民税(町民税・県民税)は、前年(平成30年)中の所得を基に計算されています。
平成31年1月1日現在で、神川町に居住している方が課税の対象です。

◆個人住民税の納税通知書を発送します
給与特別徴収の納税通知書は5月中旬に事業所へ、普通徴収の納税通知書は6月上旬に納税義務者へ発送する予定です。

◆申告書等の内容を確認・訂正する場合があります
正しい課税を行うため、提出された給与支払報告書や申告書等の内容の確認を行い、次のような場合には訂正して住民税を課税いたします。
(1)扶養にとれない方を扶養控除対象としている場合
(2)その他の控除で、条件に当てはまらない控除を計上している場合
(3)計算誤りや記載の不備があった場合
(4)申告書の給与や年金の金額が、町に届いている給与支払報告書や公的年金等支払報告書の金額と異なっている場合
(5)その他、課税する上で何らかの訂正が必要な場合

◆平成31年度(平成30年分)所得・課税証明書等は6月10日(月)から発行します
証明書を交付できる方は、次の(1)~(4)に該当する方です。
(1)町民税・県民税の申告をした方
(2)所得税の確定申告をした方
(3)給与支払報告書が勤務先から町へ提出されている方
(4)年金の支払報告書が町へ提出されている方
※(1)~(4)に該当しない方は、町に課税資料がないため、申告をした後でなければ証明書を交付することができません。申告の内容や時期によっては、所得証明書等の発行まで2か月程度かかる場合がありますのでご了承ください。なお、収入が
ない方、家族の扶養になっている方も同様ですのでご注意ください。
また、16歳以上の国民健康保険加入者で(1)~(4)に該当しない方は、申告をすることにより国民健康保険税が軽減される場合がありますので忘れずに申告をお願いします。

◆納付方法について
◎普通徴収
6月・8月・10月・翌年1月の年4回に分けて、納付書または口座振替により納付する方法です。
(コンビニエンスストアでも納付できます。)
主に自営業の方や会社を退職した方などが対象です。

◎給与からの特別徴収
事業主が毎月の給与(年12回)から、対象者の住民税を天引きして納付する方法です。

◎年金からの特別徴収
4月1日現在で65歳以上の公的年金受給者のうち、一定の要件を満たす方は、個人住民税が年金から天引きされます。

◆元号改正にともなう対応について
新天皇の即位に伴い、本年5月1日から新元号(令和)となりますが、本年度の個人住民税の納税通知書についてはシステム設定等の事務処理上の都合により「平成31年」と表記して送付いたします。平成31年を「令和元年」と読み替えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

問合せ:税務課 町民税担当
【電話】0495-77-2116

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階