文字サイズ
自治体の皆さまへ

おいしい水は交野の宝~私たちが守ります~

1/44

大阪府交野市

今月は、おいしい水道水を各家庭に届けるための仕組みや水道局がこれまで行ってきた取り組みについて広報大使の曾田彩乃(そだあやの)さんと一緒にお伝えします。

■おいしい水を届ける仕組み
市内17か所の深井戸からくみ上げた水を私市ポンプ場から星の里浄水場に送り、浄化処理を行います。浄化された水は再び、私市ポンプ場に戻り、企業団水とブレンドした後、各配水池へ送られます。各配水池からは自然流下で各家庭へ水道水が届けられます。

■そもそも、なぜ交野の水道水はおいしいのか。
(1)きれいな地下水がメインです
水道水のうち約8割は長い年月と自然の力で浄化された地下水(自己水)をくみ上げて、利用しています。残りの約2割は企業団水として、高度浄水処理された大阪広域水道企業団水を受水し、利用しています。

(2)バクテリアの力で自然ろ過
星の里浄水場で導入している「生物接触ろ過システム」は、地下水に含まれる鉄バクテリアの力を借りる「自然ろ過方式」です。そのため、薬品に頼らず、体にも環境にも優しい水ができます。鉄バクテリアを使用した浄水施設としては、日本一の浄水能力を誇ります。

○星の里浄水場 水道水をつくる仕組み
浄水過程で極力、薬を使用せず、体にも環境にもやさしい水づくりを実現しています。

・浄水能力 22,500立方メートル/日
25メートルプール約40杯分

1 原水調整池
深井戸からくみ上げた地下水

2 生物接触ろ過池
微生物(鉄バクテリア)により、水をきれいにする。

3 急速ろ過池
少量の薬品を入れ、ろ過をして、水をきれいにする。

4 浄水池

■ここがすごい!水を守るインフラ整備
・すごい! 二つの水源で安定供給
自己水と企業団水の二つの水源があるため、災害や事故でどちらかが使えなくなっても、もう一方の水源を使うことができます。また、地下水は渇水や事故等の影響を受けにくいため、安定的で継続的な水の供給ができます。
地下水を主な水源として、2系統以上の水源を持つ自治体は、府内では2団体のみです。

・すごい! 施設の耐震化が進んでいます
浄水施設(星の里浄水場)の耐震化率100%(全国平均は38.0%。府内では22.6%で、100%は7団体のみ)
配水池(市内全5か所)の耐震化率100%(全国平均は60.8%。府内では49.0%で、100%は3団体のみ)
企業団水の受水管の更新・耐震化工事完了で耐震化率100%

・すごい! 配水池に1人1日3リットル分を貯水
星の里浄水場で作られた水道水は、一度、私市ポンプ場に戻され、そこから低区や高区などの市内5か所の配水池へ送られます。
配水池からは、自然流下方式で各家庭へ送られるため、万が一、配水池へ水の供給がストップする事態が発生しても、8時間は断水しません。1人1日3リットル相当の水が貯水されています。

低区配水池…耐震化率 100%
星の里浄水場…耐震化率 100%
私市ポンプ場…耐震化率 100%

■おいしい水を守る日々の取り組み
・星の里浄水場や低区配水池などへ大量の水を送り出すポンプ(表紙写真の後ろ側に写る設備)と操作盤は、数ある設備のなかでも最重要のもので、特に慎重な保守管理を行っています。
・ほとんどの水道管は地中に埋められていますが、川を渡る水道管(水管橋)のように露出しているものもあり、定期的な点検が欠かせません。見えにくい所も点検用鏡で確認しています。
・水道管の状態を調べるため、点検する管に音聴棒の先を当て、異音がないか確認します。
・埋設されている水道管からの漏水が疑われるときは、漏水探知機を地面に当て、漏水個所を探します。
・水質検査は、安全な水道水の最後の砦です。写真では水道水に試薬を投入し、塩素濃度を調べ、消毒効果を確認しています。
・普段何気なく使っている水道水が、いくつもの点検やチェックを経て家庭に送られていることがとてもよく分かりました。交野の水道水がおいしい理由は、きれいな地下水を安全に供給しようとする職員みなさんの日々の業務のおかげですね。

問合せ:水道局
【電話】891-0016

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU