ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

市からのお知らせ -11

14/30

大阪府八尾市

■6月は土砂災害防止月間(6月1日〜7日はがけ崩れ防災週間)
毎年この時期は、各地で長雨・豪雨による浸水や土砂災害が起きています。いざというときに慌てず行動できるよう、日ごろから防災マップなどを活用し、避難経路を確認するなど災害に対する備えをしておきましょう。

◆土砂災害から身を守るための3つのポイント
(1)住んでいる場所の土砂災害の危険性について、防災マップなどで確認する(防災マップは市役所本館6階危機管理課、各出張所などにあります)。
(2)雨が降り出したら土砂災害警戒情報に注意する。
(3)土砂災害警戒情報が発表されたら早めに避難する。
◆正しい情報をメールで受信!
「おおさか防災ネット」の防災情報メール配信サービスに登録すると、気象警報や避難勧告・指示などの情報が携帯電話やスマートフォンに配信されます。
登録方法:【E-mail】touroku@osaka-bousai.netへ空メールを送信(QRコードからでも登録できます)。
※本紙にQRコードが掲載されています。
◆屋外スピーカーの防災行政無線を電話でも!
防災行政無線の内容を電話で確認することができます。
【電話】0800-2008071(通話料無料)
※問合せが集中すると、つながりにくくなる場合があります。

問合せ:危機管理課
【電話】924-9870【FAX】924-3968

■雨による水害くみ取り作業(無料)
雨で便槽が浸水したときは、水害くみ取り作業の申し込みをしてください(受付時間は平日午前8時30分〜午後5時15分)。雨によるくみ取り作業は、雨がやんだ後に行います。ただし、緊急を要する場合は別途対応します。
※該当するのは、くみ取り式トイレのみです。

申込み・問合せ:環境施設課
【電話】999-2551【FAX】923-6682

■低所得者対象 固定資産税、都市計画税 減免申請
次の要件をすべて満たす人が減免を申請することで、令和2年度の固定資産税・都市計画税の2分の1が減免されます。
(1)賦課期日(1月1日)に自己居住用以外の土地・家屋を所有しておらず、当該家屋の延べ床面積が70平方メートル以下であること。
(2)土地および家屋の固定資産税・都市計画税の合計年税額が5万円以下であること。
(3)納税義務者が令和元年12月31日において、65歳以上、特別障がい者、寡婦(かふ)または寡夫(かふ)のいずれかであること。
(4)納税義務者および納税義務者の属する世帯の構成員全員について、前年中の合計所得金額が35万円以下(扶養親族などがいる場合は【35万円×[1+扶養親族などの人数]+21万円】以下)であること。
※前年度までに減免を受けている場合でも、申請が必要です。
※申請書は市役所本館2階資産税課にあります。電話での請求もできます。
申請:10月30日(消印有効)まで。所定の申請書。窓口・郵送。

問合せ:資産税課
【電話】924-3823【FAX】924-8838

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU