文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費生活トラブルにご用心!

10/46

大阪府八尾市

■その51
緊急対応をする業者の高額請求に注意!

◆事例
(1)トイレが詰まったので、インターネットで検索して「見積り無料」と記載のある緊急で駆けつける業者を呼んだ。基本作業5,000円のラバーカップでは解決せず、「この先は便器を外すので30,000円、便器より先の配管に詰まっている場合は機械を使うので80,000円かかります」と料金説明があった。詰まりを解消するまで作業を進めるしかないと思って了承した。高圧洗浄で配管の詰りは解消できたが、最終的に衛生費10,000円などを含め126,500円を請求され、現金で支払った。知人にその話をすると「高額すぎる」と言われたので、返金してほしい。
(2)実家の母がカギを失くして家に入れないので、インターネットで検索して「見積り・出張費無料」と記載のある緊急で駆けつける業者を呼んだ。作業前に「カギを壊すと80,000円、新品のカギを取り付けると40,000円」と料金説明があった。壊すだけでもよかったが、作業の流れで取付けを了承して完了した。結果、基本料金8,000円などを含め143,000円を現金で支払ったと、後から母に聞いて驚いた。高額なので返金してほしい。

◆ひとこと助言
「インターネットの広告を見て、365日24時間緊急対応をする業者を呼んだが料金が高すぎるので返金してほしい」という相談が増えています。こういった業者は、電話すると近くの提携店が手配されて来るので対応は早いのですが、その分、高額になります。日ごろから、信頼できる近隣の店舗と一般的な料金を調べておきましょう。また、契約する際は複数の業者から見積もりをとることが大切です。業者から予算以上の見積りが出た場合は、勇気を出して作業を断りましょう。トラブルが起きてしまったときは、消費生活センターにご相談ください。

問合せ:消費生活センター
【電話】924-8531【FAX】924-0180

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU