ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

浪華(なにわ)本染め(注染)製品の販売会

1/12

大阪府堺市中区

◇8月4~6日開催 
午前10時~午後4時

市の伝統産業で、国の伝統的工芸品に指定された浪華本染め(注染)のマスク、日傘、浴衣反物、手ぬぐいなどを販売します。伝統的な技法で美しく染められた注染製品を生活に取り入れてみませんか。

・ガーゼハンカチ
表と裏、それぞれ異なる柄で染色した生地を、2枚合わせにしたハンカチです。

・マスク
和晒生地のマスクは、肌触りが良く、夏でも涼しく使うことができます。

・さかい和晒
よだれかけや口拭き、入浴時のタオルなどの乳児用品として、布巾、煮出しこしなどの水回り用品として、その他包帯、マスクなど、アイデア次第でさまざまな用途で使うことができます。

・浴衣反物
浴衣の仕立てを希望される方は、その場でお申し込みできます。

・日傘
熟練の染色職人と傘職人が一本一本丁寧に仕上げた手作りの日傘です。

◎ご来場の方へのお願い
・37.5℃以上の発熱、咳などの症状がある方は、来場をお控えください。
・マスクの着用や咳エチケットを心がけてください。
・12時前後は大変込み合いますので、なるべく時間をずらしてお越しください。

◆注染夏季特別展示
8月7~28日開催
午前9時30分~午後4時30分

浴衣や反物、日傘などを展示し、夏を涼しく彩ります。手ぬぐいの使い方なども紹介します。色とりどりの優雅な展示をぜひご覧ください。

◆「浪華本染め(注染)」オリジナルフレーム切手を販売
8月3日(月)
午前9時~午後5時

市の伝統産業である浪華本染め(注染)が国の伝統的工芸品に指定されたことを記念して、日本郵便近畿支社より「浪華本染め(注染)」オリジナルフレーム切手が販売されます。
本切手は、8月3日から堺市、泉大津市、高石市、忠岡町の全郵便局(簡易郵便局を除く)で販売します。
シート構成:1シート84円切手×10枚
販売価格:1シート1,330円

~浪華本染め(注染)とは~
明治時代に大阪で開発された日本固有の染色法で、一般に注染と呼ばれています。「ぼかし」などの技法を用いて生地の表裏両面を染めるため、風合いのある染め上がりになります。

〇いずれも中区役所1階エントランスホールへ直接お越しください

問合せ:中区役所企画総務課
【電話】270-8181
【FAX】270-8101

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU