文字サイズ
自治体の皆さまへ

人権、消費・相談

18/40

大阪府堺市

■さかい男女共同参画週間 女と男がいきるのやSAAKAI
市は平成7年1月21日に市民による市民の行動目標として「女と男が生きるのやSAKAI宣言」を採択し、全国初の男女共同参画宣言都市となりました。
全ての人が性別にとらわれず自分らしく輝くためには、法や制度の整備はもちろんのこと、一人ひとりの意識も大切です。
誰もが個性と能力を発揮し活躍できる社会の実現に向け、男女共同参画について考えてみませんか。
1月16〜23日の「さかい男女共同参画週間」に合わせて、悩みの相談やジェンダー・ブックフェアを行います。

○男女共同参画交流の広場悩みの相談
心や体、人間関係、生き方などさまざまな悩みを自分自身で解決できるように、専門のカウンセラーが面談か電話で相談をお受けします。
日程は表のとおり。いずれも男女共同参画交流の広場(北野田駅前アミナス北野田3階)で。
申込み:直接か電話で同広場へ。
・面接相談…【電話】236-8266
・電話相談…【電話】237-3400
※毎月開催の同広場での相談は「今月の相談」参照
〈女性の悩み相談〉

〈男性の悩み相談〉

○ジェンダー・ブックフェア「自分らしく輝くために」
ジェンダーやセクシュアリティなどに関する図書の貸し出しと展示を行います。
1月5〜31日(4・18・25日は休み)、中央図書館(堺区大仙中町18-1)で。無料。直接会場へ。

問合せ:同館
【電話】244-3811
【FAX】244-3321

■新成人の方はご注意!!SNSを使ったマルチ商法の勧誘
○相談事例
SNSで「在宅ワークで稼ぎたい20歳以上の方を募集」というメッセージが届いたので返信すると、SNS上のグループに招待された。「マニュアルをダウンロードすれば仕事を始められる。費用は20万円かかるが1人紹介すると5万円のボーナスをもらえる」と言われたが、お金がないと断ると、「すぐに返済できるから消費者金融でお金を借りたらいい」と勧められた。
言われたとおり借金をして代金を振り込んだが、もうからないので解約したい。

これは、他人を紹介することで紹介料がもらえると勧誘する「マルチ商法」の手口です。
他人を勧誘したためにトラブルに発展する事案が多発しており、保護者の承諾がなくても契約が可能となる新成人の年代の方からの相談が多くあります。令和4年4月からは成人年齢引き下げにより、18歳を迎えた若者のトラブルが増える恐れがありますのでご注意ください。
最近は商品を他人に紹介して稼ぐのではなく、投資や副業など実態の分からないもうけ話を扱う手口が増えています。「お金がない」という断り方をすると借金を勧められ、うその借入目的を申告して借金するとトラブルの解決が更に難しくなる場合がありますので、はっきりと「契約しない」と断りましょう。
不安なことや困ったことがあれば、早めに消費生活センターへ。
【電話】221-7146
【FAX】221-2796

◎新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、イベントは中止・延期となる場合があります。詳しくは市HPへ

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU