文字サイズ
自治体の皆さまへ

連載企画 地活協通信「つながり」が創る地域の活力 Vol.7 粉浜

4/15

大阪府大阪市住之江区 クリエイティブ・コモンズ

地活協通信(ちかつきょうつうしん)
14地域のコラボレーション~地域活動協議会×企業・NPO・学校~ 
さざんか粉浜活動協議会×地域の介護事業所加賀屋・粉浜地域包括支援センター=「町会&事業所(専門職)がつながるための連絡マップ」

◆粉浜地域
粉浜地域は古い街並みが多く残っており、昔ながらの人と人とのつながりを大切にしています。誰もが生きがいを持って暮らせるように、地域が一丸となり、さまざまな活動を考え、実行しています。

◇町会&事業所(専門職)がつながるための連絡マップ
地域の方が気軽に相談できるように、町会長と介護事業所の写真や連絡先を掲載したマップです

◆Q 協働のきっかけは?
A さざんか粉浜活動協議会
高齢化が進む中で、例えば地域の方が介護事業所を利用したいと思っても、その事業所の所在地や強みなどがわかりにくく、自発的に連絡がとりづらい状況でした。
この問題を解決するには、介護事業所の方とのつながりを作る必要があると考え、企業・NPO・学校・地域交流会で知り合った介護事業所の方や地域包括支援センターの方を会議にお呼びしたことがはじまりです。

A 株式会社マザーハウス
我々は、もう一人の家族のように寄り添い、安心できる支援をめざしながら日々の業務に取り組んでいます。その中で、地域の方との情報共有や、高齢者の引きこもりや独居などの粉浜地域の課題を解決できるような活動ができればと思っていました。そんな時に、会議の案内を受けて、「粉浜地域を今よりもさらに良くしたい」という我々の思いを実現できるのではと思い、参加を決めました。

A 加賀屋・粉浜地域包括支援センター
様々な悩みやお困りごとがある地域の方が相談に来られます。その方のお話を聞き、必要であれば地域の介護事業所を紹介することもあるので、「介護事業所とのつながりをより一層深めたい」という思いや、「もっと地域と連携して地域の実情を知りたい」という考えから、会議に参加したことがきっかけです。

◆Q 協働して良かったこと・助かっていることは?
A さざんか粉浜活動協議会
会議では、介護事業所と地域がつながるためのマップを作ろうということになりました。実際にマップが出来てからは、町会長が介護事業所とスムーズに連絡をとりあって、お困りの高齢者の方に迅速に対応できるようになりました。さらに、以前よりも多くの介護事業所の専門職の方と顔見知りになることができたので、よりつながりを感じることができて大変嬉しいです。

A 株式会社マザーハウス
マップを作成したことで、地域の介護事業所の方や町会長の顔が一目見て分かるようになったので、安心感がとてもありますね。介護事業所の我々にとっても、事業所同士のつながりを生む仕掛けのひとつになっています。
このマップを通して、粉浜地域に住んでいる方が、ここでずっと暮らしたくなるような「安心と楽しさに溢れたまち」を作っていきたいです。

A 加賀屋・粉浜地域包括支援センター
マップで地域とつながることができたおかげで、どんな状況で暮らしているかわからなかった高齢者の方を、町会長が気にかけてくださったり、センターにつないでいただいたこともありました。また、以前よりも介護事業所の方とのつながりが深まり、地域課題の解決に向けて意見交換することができました。
今後も、介護事業所の方や町会長とのつながりを活かして、地域の方がより気軽に相談できる窓口をめざしていきます。

問合せ:区協働まちづくり課 窓口43番
【電話】6682-9734

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU