文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度 鶴見区運営方針を策定しました~4月から重点的に取り組む事業を紹介します~

1/33

大阪府大阪市鶴見区 クリエイティブ・コモンズ

鶴見区では、こどもから高齢者まで、区内で暮らすすべての人が、地域や身近な人々と安心して暮らすことができるまちの実現をめざしています。

(1)だれもが地域で安心して暮らせるまちづくり
◆地域福祉力の向上 予算額/2,852万円
→住民主体の地域福祉ネットワーク活動推進事業
地域有償ボランティア活動(あいまち)による、住民どうしの助け合い、支えあえる仕組みを活性化し、住民の身近な相談窓口となる、地域福祉コーディネーター(つなげ隊)を全地域に配置しています。

◆健康増進意識の向上 予算額/34万円

(2)子育てを応援するまちづくり
◆切れ目のない子育て施策の推進 予算額/501万円

◆児童虐待防止対策 予算額/1,183万円
→就学前こどもサポートネット事業~つるみにこにこ訪問~
重大な児童虐待ゼロの維持に向け、保育士を配置し、就学前の子どもがいる、育児に不安を抱える家庭や虐待のおそれやリスクのある家庭に対し家庭訪問等を実施するなど、状況に応じた十分な支援を行います。

◆こどもに寄りそう事業 予算額/968万円
→こどもの学習支援事業
区内市立小学校(12校)において、継続的な登校に至らない又は一時的にでも普通教室で授業が受けられない児童等に対し、個々の児童の課題に応じた学習指導・支援等を行います。

(3)まなびを応援するまちづくり
◆生涯学習の推進 予算額/261万円
自ら主体的に生涯学習に取り組み、まなびを通して地域とつながり、学んだ成果を地域に還元していただけるよう区民や団体を支援することで、まなびを通じた豊かな教育コミュニティづくりを進めます。

◆花と緑豊かな環境の推進 予算額/163万円

◆人権教育の推進 予算額/148万円

◆学校教育の支援 予算額/599万円

(4)安全なまちづくり
◆災害に強いまちづくり 予算額/1,073万円
→拡充 防災資機材の充実等災害に強いまちづくり(防災事業)
避難所(小学校)において災害情報を提供するためのテレビ受信設備の計画的整備、コロナ禍での避難所間仕切のための療養スペース用テントの購入、職員用防災マニュアルの充実および研修の実施など、区防災力の向上を図るとともに、区災害対策本部の整備・強化及び各地域の自主防災組織との連携や、区防災計画などの取組みについて情報発信の強化を行います。

◆街頭犯罪・交通事故の少ないまちづくり 予算額/834万円
→拡充 交通安全対策事業
通行に支障を及ぼす個所の街路樹の剪定を地域・関係機関と連携して行います。

(5)地域活動協議会による自律的な地域運営の促進
◆地域の実情に応じたきめ細やかな支援等 予算額/1,761万円
→拡充 定年退職後の社会参加促進調査事業
定年退職後の世代の社会参加を促進する施策を検討するため、地域活動の認知度、社会参加への意識等についてのアンケートなどを実施し、地域活動の支援を行います。

問合せ:総務課(政策推進)4階41番
【電話】6915-9173

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU