文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ(健康1)

16/69

大阪府枚方市 ホームページ利用規約等

■12月1日は世界エイズデー
府内では20歳代~40歳代を中心に新たなHIV感染者やエイズ患者が報告されています。HIV感染は検査でしか知ることができません。市保健所で検査しており、同時に梅毒・クラミジア検査も受けられます。無料。匿名で受診できます。
受付時間:毎週火曜(祝日・年末年始除く)午前10時~11時30分。直接市保健所へ。

問合せ:保健予防課
【電話】807-7625【FAX】845-0685

■不育症治療費の助成
不育症は妊娠しても流産や死産を繰り返す症状で、特殊な場合を除き、正しい検査と治療で8割以上の人が子どもを出産できるとされています。
対象:医療機関で不育症の治療が必要と医師に診断されて治療を受け、治療期間・申請時ともに市民であり、医療保険の被保険者または被扶養者で、市税を滞納していない人。
助成額:国内の医療機関で受けた不育症の治療と治療に要する検査の医療保険適用外の費用を1回につき、上限30万円まで助成。同じ年度内に2回以上の申請があった場合は1年度につき上限30万円。
申込:出産(死産を含む)または流産の判定日から3カ月以内に申請を。治療途中の申請不可。詳細は市ホームページ参照または保健予防課へお問い合わせを。

問合せ:保健予防課
【電話】807-7625【FAX】845-0685

■家庭でのフグ調理は危険
フグによる食中毒はほとんどが家庭で起きています。昨年は自分で釣ったフグを調理して食べ死亡した事例が報告されました。フグ毒は、塩もみ、水にさらす、加熱等の調理ではなくなりません。絶対に家庭でフグを調理しないでください。

問合せ:保健衛生課
【電話】807-7624【FAX】845-0685

■特定不妊治療費の助成
特定不妊治療(体外受精または顕微授精)以外の治療法では妊娠の見込みがないか極めて少ないと医師に診断されている法律上の夫婦に対し、指定医療機関で要した医療保険適用外の特定不妊治療費の一部を助成します(新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年度は所得制限・年齢制限の一部緩和あり)。初回申請の人および特定不妊治療のうち主治医の方針に基づき男性不妊治療を受けた人は、助成額の加算あり。治療終了日の属する年度の末日までに申請を。治療途中の申請不可。詳細は市ホームページ参照または保健予防課へお問い合わせを。

問合せ:保健予防課
【電話】807-7625【FAX】845-0685

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU