文字サイズ
自治体の皆さまへ

謹賀新年

1/19

奈良県十津川村

皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

■十津川村長 更谷 慈禧
新年あけましておめでとうございます。
村民の皆様には、輝かしい新春をご家族おそろいで、お迎えのことと心からお慶び申し上げます。
平素は、村政全般にわたり多大なるご支援、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
昨年、十津川村は置村130年を迎え、歴史を振り返り、先人の精神を後世へと継承するとともに、私たちの心の芯として、新たな村づくりをスタートさせる特別な年でありました。一方で、人々が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた年であり、今もなお、その脅威にさらされております。一刻も早く、新型コロナウイルスの感染が終息することを願ってやみません。
さて、今年の干支は「辛丑(かのとうし)」。辛く苦しい状況を乗り越え、結びつきが強くなる年とされています。昨年から新型コロナウイルス感染拡大の脅威が全世界を震撼させております。新たな疫病という感染症が人類の経済一辺倒な行動に警鐘を鳴らしているように思えてなりません。今年は、人と人、人と自然との結びつきが一層強くなる年だと捉えております。その関係を改めて見直す時であると実感しております。
十津川村には、先人から引き継がれている十津川精神があります。「一致団結、不撓不屈、質実剛健」。この精神が、今もなお脈々と村民に引き継がれております。歴史の中で数々の苦難の時には、村民が一致団結し、その時代を乗り越えてまいりました。今、まさに人類が協力し助け合い、この新型コロナウイルス感染症の脅威に立ち向かうことができれば、少しでも早く終息に近づいていくのではと思っております。
村では昨年9月に、念願の一般国道168号五條新宮道路、風屋川津・宇宮原工区の起工式を執り行いました。ほかにも、長殿道路と大字平谷から七色までの十津川道路2.期につきましても、国が直接事業を行う直轄権限代行として事業が進められております。十津川村内で3か所が事業化されており、これは全国初のケースです。
道路は村の生命線「命の道」であります。道路整備をはじめとする、林業の6次産業化や豊かな観光資源を活かした観光振興、地域福祉の向上など、村民が豊かに、幸せに暮らし続けていくことができる村の維持、再生、成熟を目指し、一人ひとりを見つめる村づくりに誠心誠意取り組むことによって、先人の千年の歴史を未来につないでまいりますので、引き続き、村政の発展にお力添えいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
最後になりましたが、村民の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

■十津川村議会議長 中南 太一
明けましておめでとうございます。
村民の皆様には新年の良き日をご家族お揃いでお迎えのこととお慶び申し上げます。また、日頃から村議会活動に深いご理解、ご協力を賜っておりますことに心より厚くお礼申し上げます。
昨年は新型コロナウイルス感染症により、世界的にはオリンピックが今年に延期されたり、都市封鎖が行われたりするなど多大な影響がありました。国内的にも観光、交通、飲食などを始めとする各業界が休業を余儀なくされるなど大幅な売上減となり日々の経済活動が停滞することとなりました。また、学校も政府から長期休業を要請され、リモート授業を導入するなど通常の対面授業の効果をどう保障していくのかというあり方を問われることとなりました。
村内におきましても、休業要請、各種イベントの中止・縮小、学校の授業日程の大幅な改編、不要不急の外出自粛など村民の皆様にたいへんご苦労をおかけいたしました。
こういった事態に村としましては国・県の政策に加えて独自の支援も盛り込んで対策を講じてまいりましたが、感染症は第2波、第3波と終息する気配を見せないまま年を越しました。更なる対策が望まれるところだと思いますので、村当局と十分協議を行いながら取り組んでまいります。
先行き不透明な感染症への対応の中ではございますが、アメリカの製薬会社ではワクチンの開発に成功し、日本への供給についても一定の目途が立ってくるなどわずかではございますが、明るい光も見えてまいりました。
一方で、幸い、本村は台風などによる大きな災害を受けることなくこの1年を過ごすことができましたが、全国的には風水害により大きな災害を受け、いまだ復旧が進んでいないところもありますので、今後とも安心安全の村づくりに努めていかなければなりません。
結びに、本年が村民の皆様にとって明るい1年となりますようお祈り申し上げますとともに、今後なお一層のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU