ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域猫活動を支援します~人と動物との共生をめざして~

9/25

奈良県斑鳩町

近年、多くのペット動物が家族の一員として大切に飼育される一方で、十分な知識のないまま安易に飼い始めた結果、不適正な飼育や飼育放棄、遺棄などのさまざまな問題が浮き彫りになっています。
飼い主がいないと思われる猫(野良猫)については、動物愛護の観点から、駆除を目的とした捕獲や収容は保健所では行っていません。一方で、自然繁殖、鳴き声や悪臭などによる生活環境への影響が問題となっています。
これらの猫に関する問題に取り組み、今以上に猫を増やさず、猫による被害を減らすことで、地域の生活環境がより良くなり、暮らしやすい地域づくりにつながります。

♦地域猫活動とは
地域の野良猫によるフンや鳴き声などの問題を解決するため、地域のみなさんの理解のもと、住民やボランティアグループなどが、地域に住み着いた野良猫の不妊去勢手術やルールに沿ったエサの管理など、その地域において適正に猫を管理していく活動のことです。

♢TNR活動
猫を捕獲し(Trap)、不妊去勢手術を行い(Neuter)、元の場所に戻す(Return)取り組みをTNR活動と言います。猫の繁殖能力は非常に高く、何もせず放っておくと、あっという間に増えてしまいます。そこで、TNR活動により、飼い主のいない猫の繁殖を抑え、自然淘汰で数を減らしていくことをめざします。

♦地域猫活動のルール
・不妊去勢手術を行い、これ以上野良猫を増やさないようにする
・決められた時間と場所でエサを与え、食べ残しはきちんと片付ける
・トイレを作り、フンの清掃と周辺の美化に努める

♦地域猫活動にご理解を
地域猫活動に求められることは、地域の人と猫の世話をしている人の相互理解です。
猫の世話をしている人と猫に困っている人が対立している状態では問題は解決しません。
猫が好きな人も嫌いな人も、また、これまで猫の問題に関心がなかった人も、それぞれの立場で猫の問題について理解を深めていただき、地域の問題として支援または見守りをお願いします。

斑鳩町では、町内における地域猫活動の状況を把握したいと考えています。すでに地域猫活動をされている団体や地域猫活動を考えておられる人への支援内容などについて、相談をさせていただきたいと思いますので、ご希望がありましたら、事前に環境対策課へ電話でご連絡ください。

♦猫を飼っている人へ
・室内飼育に努めましょう
・不妊去勢手術をしましょう
・飼い猫であることを識別できるようにしましょう

問合せ:環境対策課
【電話】内線134

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU