ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

くらしの情報(5)

32/47

宮城県多賀城市

【すまい】
◆新築・建て替えしたら
新築や建て替えをしたときは、建築主から「建物等新築届出書」の提出(棟上げ後、玄関の位置が確認可能になったときから提出可)が必要です。提出がない場合、新築した建物などへの住民登録ができません。

該当するのは
▽住居表示実施区域(住所を「○丁目」と表記する区域)内に建てたとき
▽住居表示実施区域外にアパート・マンションなどを新築し、住所に方書(アパート名など)の表示を希望するときです。

問合せ:市民課記録係
【電話】(内線143、145)

国・県などから
◆テレビ受信障害対策工事
携帯電話事業者が新たに700メガヘルツ帯の周波数を用いたシステムの運用にあたり工事をしています。※訪問する作業員は「テレビ受信障害対策員証」を携行します。費用はかかりません。

問合せ:700MHzテレビ受信障害対策コールセンター
【電話】0120-700-012

【まちづくり】
◆ここから~もうひとつの多賀城ガイドブック~発行
多賀城の暮らしが今よりもちょっと楽しくなる、もっと好きになるためのヒント・アイデアが見つかる一冊です。多賀城で行われている16の取り組みや、58人が考える「未来をひらくカギ」などを紹介しています。

配布場所:市民活動サポートセンターや、市内施設・店舗など

問合せ:市民活動サポートセンター
【電話】368-7745

【くらし】
◆微小粒子状物質PM2・5情報にご注意
PM2・5とは:大気中に漂っている非常に小さい粒子(髪の毛の太さの30分の1程度)のことで、肺がんなど、呼吸器系、循環器系への影響が懸念される粒子です。4月から5月にかけては、PM2・5の濃度が上昇する可能性もあります。

高濃度になったとき:学校や幼稚園、福祉施設などに直接連絡をするほか、防災無線の放送を通して知らせます。

注意喚起情報が出たとき:
(1)不要不急の外出は控える
(2)屋外での長時間の激しい運動はできるだけ減らす
(3)屋内でも、換気や窓の開閉を必要最小限にする
(4)呼吸器系や循環器系疾患のある人、小児、高齢者は体調の変化に注意する

問合せ:生活環境課環境リサイクル推進係
【電話】(内線234~236)

◆被災者生活再建支援制度(加算支援金)の申請期限延長
被災者生活再建支援制度における加算支援金の申請期限が、平成32年4月10日まで1年間延長されました。
加算支援金は、住宅が大規模半壊以上、もしくは半壊で住宅を解体した人のうち、基礎支援金を申請した人が、住宅を再建する際に利用できるものです。
詳しくは、問い合わせください。

問合せ:生活支援課支援調整係
【電話】(内線133)

◆多賀城駅南立体駐車場管理運営業務
平成31年度における多賀城駅南立体駐車場使用料の収納事務は、多賀城駅北開発株式会社に委託しています。

問合せ:商工観光課商工係
【電話】(内線471)

◆多賀城駅南口駅前広場駐車場管理運営業務等
平成31年度における多賀城駅南口駅前広場駐車場使用料の収納事務は多賀城駅北開発株式会社に、多賀城駅自転車等駐車場使用料の収納事務は多賀城市シルバー人材センターに委託しています。

問合せ:道路公園課管理係
【電話】(内線432)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU