ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成31年度施政方針(2)

2/47

宮城県多賀城市

◆元気で健やかに暮らせるまち
◇地域福祉の推進
第3期多賀城市地域福祉計画の次期計画策定に着手します。

◇健康づくりの推進
・不妊治療に係る経済的負担の軽減を図るため、費用の一部を助成します。
・子育て世代包括支援センター機能として、本市のオリジナル支援ツールとなる「子育て応援ファイル」の配布や、相談事業の実施を通じ、引き続き子育てを支援します。

◇子育て支援の充実
・多賀城市子ども・子育て支援事業計画の次期計画策定を進めます。
・公立保育所の再編計画に基づき、本年4月から民間事業者による保育が開始される笠神保育所に続き、平成32年4月からの鶴ケ谷保育所民営化に向け、児童や保護者に不安や負担を与えないよう取り組みます。
・志引保育所および桜木保育所を平成32年度から基幹保育所として運用開始できるよう、体制づくりを進めます。
・保育士確保のため、民間保育所で雇用する保育士の宿舎借り上げに係る費用の一部を助成します。

◇高齢者福祉の推進
高齢者の仲間づくりの場や、豊富な知識と経験を活かすことができる場を提供するほか、高齢者自らが健康づくりや介護予防に取り組むことができるよう支援します。

◇障害者(児)福祉の推進
・障害者ならびに障害児とその家族が、住み慣れた地域で安心して生活できるよう、地域生活支援拠点をはじめとする障害福祉サービスを提供します。
・関係機関と連携しながら、心身の発達に特別な配慮を必要とする児童が健やかに成長できるよう、地域医療の拠点となる児童発達支援センター「太陽の家」において支援します。

◇社会保障等の充実
ひとり暮らしで身寄りがないなどの高齢者が、葬儀や納骨といった不安をあらかじめ解消できるよう、エンディングプランのサポートに取り組みます。

◆歴史・文化を継承し豊かな心を育むまち
◇学校・家庭・地域の連携による教育力の向上
全ての小・中学校において、地域住民の皆さまなどと連携・協力し、地域社会全体で学びを支える学校支援地域本部事業や、放課後子ども教室推進事業を実施します。

◇学校教育の充実
・平成32年度からのプログラミング教育の必修化に向け、ICT(注1)環境の整備を行い、情報教育の充実を図ります。
・多賀城東小学校屋内運動場エレベータの改修工事や、東豊中学校エレベータの大規模改造などを行うほか、学校給食センターの設備並びに給食提供に係る備品などを整備します。
・学校給食費の平成32年度から学校を経由しない徴収方法への変更に向け、システム改修などの準備に取り組みます。

◇生涯学習の推進
・文化交流拠点の核となる市立図書館や文化センターなどが、市民相互の学びと交流の場として活用されるよう、さらなる連携を図ります。
・地域自治組織による指定管理の第2期目となる大代地区公民館における市民との協働、パートナーシップに基づく運営を更に推進します。

◇市民スポーツ社会の推進
総合体育館の弓道場を安全・快適に利用できるよう的場などを修繕するほか、市民プールの屋上防水対策などのための改修に取り組みます。

◇文化財の保護と活用
南門等復元に向けた建設工事に着手するとともに、関連事業との調整などを行います。

◆環境を大切にする心を育むまち
◇環境との共生
・第二次多賀城市環境基本計画の次期計画策定に着手します。
・次世代の地球環境の保全につなげるために多くの市民が本市の現状を知り、関心を持つきっかけとなるような環境イベントを開催します。

◇生活環境の保全
・環境騒音や河川の水質汚濁などの調査監視を継続するほか、大気環境調査について、県と連携し対応します。
・本市の自然環境の現状を把握し、次世代の環境のあり方を考えられるよう、動植物などの総合的な調査を実施します。

◇資源循環型社会の形成
市内で開催されるイベントなどに合わせた啓発活動、ごみ集積所の巡回指導ならびに事業系ごみの適正排出の徹底など、持続可能な社会へ向けた取り組みを推進します。

(注1)ICTとはITとほぼ同じ意味ですが、コミュニケーションを重要視する言葉として使われることもあります

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU