ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ(3)

20/22

宮崎県えびの市

■一般曹候補生課程入隊式を見学に来ませんか
えびの駐屯地で「一般曹候補生課程入隊式」が行われます。今年は、全国から約130人の一般曹候補生がえびのの地で教育を受けます。
駐屯地を開放しますので、地元の皆さんで一緒に入隊を祝福しませんか。
※ただし、新型肺炎の影響により変更する場合はご理解ください。
開催日:4月5日(日)
時間:午前10時~午前11時
[駐屯地開放]午前8時30分~午後2時30分
場所:えびの駐屯地体育館

問合せ:えびの駐屯地広報室
【電話】33-3904

■「令和2年度タクシー利用料金助成事業」の申請を受け付けています
市では、「令和2年度タクシー利用料金助成事業(タクシー利用料金の一部を助成する制度)」の申請を受け付けています。
助成対象者:次のいずれかに該当する人
・えびの市在住で、住民登録があり、市税等の滞納がない65歳以上の人
・えびの市在住で、住民登録があり、市税等の滞納がない16歳から64歳の人で、運転免許証または自動車を持っていない人
・えびの市在住で、住民登録があり、市税等の滞納がない16歳から64歳の人で、病気等の理由で市長が特に認める人
申請方法:申請書を市企画課政策係または飯野・真幸出張所に提出してください。申請書は、市企画課、飯野・真幸出張所にあります。
助成方法:助成対象者と認められた場合は、「助成対象者証」と「タクシー利用券」を送付します。届いた「タクシー利用券」を、タクシー利用時に運転手に渡すことで、タクシー利用料金の一部の助成を受けることができます。
助成額:運賃の約4割を助成します。助成額は1,500円が上限です。
交付限度枚数:タクシー利用券は、年間48枚を限度に、申請月に応じて交付されます。
有効期限:令和3年3月31日までです。翌年度に繰り越して使用することはできません。
利用可能区間:タクシー券を利用できる区間は、えびの市内に限ります。市外からの移動や市外への移動には、利用できません。
その他:タクシー利用券は、家族や他人に譲ることはできませんが、同乗することは可能です。
この制度は、市福祉事務所が行っている「福祉タクシー利用券」の制度とは別の制度ですが、両方を同時に利用することは可能です。

問合せ:市企画課政策係
【電話】35-3712(直通)

■「オレンジカフェよかとこ」を開催します
市では、集いの場「オレンジカフェよかとこ」を定期的に開催しています。認知症予防につながる催しや脳いきいき体操等も行っています。「介護や認知症のことについて相談したい」「おしゃべりを楽しみたい」「催しものに参加したい」など、関心がある人はどなたでも気軽にお越しください。
※ただし、新型肺炎の影響により変更する場合はご理解ください。
日程等:

時間:午前9時30分~午前11時30分(途中参加、途中退室は自由です)
場所:市国際交流センターダイニングホール
対象:認知症と診断された人や認知症のような症状がある人(診断の有無は問いません)または介護者、内容に関心のある人
参加費:1人100円(飲み物・お菓子代として)
申込方法:当日参加もできますが、可能な限り開催前日までに、市地域包括支援センターに電話でお申し込みください。
問合せ・申込み:市介護保険課地域包括支援センター(担当・黒川)
【電話】35-1112(課直通)

■4月2日は「世界自閉症啓発デー」
「世界自閉症啓発デー」は、平成19年2月に国連総会で決議され、自閉症について、家族や社会全体の理解が進むように意識啓発の取り組みを図ろうとするものです。
また、全国で4月2日から8日までを「発達障害啓発週間」とし、自閉症をはじめとする発達障がいへの理解促進のための啓発活動を行っています。
自閉症の特徴として、言葉の発達の遅れ、コミュニケーションの障がい、こだわり、パターン化した行動などがあり、3歳までには何らかの症状が見られます。自閉症は、自分の殻に閉じこもっている状態や親のしつけ、教育が原因だと思われることがありますが、これは正しくありません。自閉症は、脳機能の障がいによるものと考えられています。
発達障がいには自閉症の他に、広汎性発達障がい、注意欠陥多動性障がいなどがありますが、いずれも早期発達支援が大切です。発達障がいに早く気付き適切な療育・支援を行うことで、社会に適応する能力を身に付けることができ、よりよい成長につながります。
もし、子どもの様子で気になることがあるときは発達障害者支援センターにご相談ください。

問合せ:宮崎県都城発達障害者支援センター
【電話】0986-22-2633

■アウトドアビジターセンターが臨時休業します
4月1日から、アウトドアビジターセンターの指定管理者が変更となります。それに伴い、施設内の機能変更等を行うため、次の期間で臨時休業します。臨時休業中であっても、電話等のお問い合わせには応じます。
休業期間:3月26日(木)~4月25日(土)

問合せ:アウトドアビジターセンター
【電話】48-8188(3月31日まで)
【電話】22-1076(4月1日から25日まで)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU