ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題をお届け TOPICS

3/17

宮崎県えびの市

■4/3飯野高校生手作りマスク寄贈 心を込めて作成した贈り物
飯野高校生が社会福祉法人慶和会シルバーケアステーションほうように手作りマスクを寄贈しました。生活文化科2年生約10人が作成した12枚のマスクです。自宅に手持ちのない利用者に優先的に配布される予定です。
同校の山田美知留さんと酒井優希さんは、「自分たちが学校生活で学んだことを生かして作ったマスクを喜んでもらえて良かったです」と話していました。

■4/20株式会社KGTマスク寄贈 子どもたちに活用してほしい
株式会社KGTから市教育委員会へ5,000枚のマスクが寄贈されました。
株式会社KGTは、えびの市大河平に本社があり、ペットボトルや塩化ビニルの粉砕処理などを行うリサイクル業者です。今回、従業員が粉砕処理をする際に使用するマスクを市内の子どもたちなどに使ってほしいと寄贈されました。このマスクは、市内の子どもたちや学校関係者に配布されました。

■4/12第4回えびの高原山開き 登山客の安全を願って
えびのエコミュージアムセンターで「第4回えびの高原山開き」が行われました。
山開きでは、登山客の安全祈願と新型コロナウイルスの早期終息を願って神事が行われました。
えびの市観光協会の野間教昭専務理事兼事務局長は「市役所や関係機関と協力して、今後もえびの市の魅力を発信していきたいです」とあいさつしました。

■4/24青年会議所消毒液寄贈 安心して学校に行けるために
えびの青年会議所から市教育委員会へ20リットルの消毒液8箱が寄贈されました。この消毒液は、用途に合わせて希釈して使用するもので、各小・中学校に配布されました。
同会議所の大門哲也理事長は、「地域の宝である子どもたちのためにできることはないかと考え、寄贈しました。この消毒液で子どもたちが少しでも安心して学校に行くことができれば良いなと思います」と話していました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU