文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題をお届け TOPICS

5/19

宮崎県えびの市

■1/21南木場牧野利用組合寄付金贈呈 子どもたちのために役立てて
南木場牧野利用組合が上江小中学校に26万5000円を寄付しました。
同組合は、入会(いりあい)権のあった上江地区の一部の土地を採草等に利用していました。今回、入会権を放棄し解散することに伴い、入会権放棄料の一部を寄付しました。
同組合委員長の本石長永さんは、「子どもたちのために活用してください」と話していました。

■1/29家庭教育標語表彰 12人が受賞
真幸中学校で令和2年度家庭教育標語最優秀賞者への表彰が行われました。83点の中から最優秀賞を受賞したのは、同校3年の東脇龍翔さんです。最優秀賞の他に、優秀賞3人、入賞8人が受賞し、令和3年度の家庭教育カレンダーに標語が掲載されます。
例年、生涯学習振興大会で表彰されますが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となったため、各学校での表彰となりました。

■1/21地産地消応援学校給食 地元の特産品に舌鼓
市では、新型コロナウイルスの影響を受けた和牛肉の消費拡大と地産地消への理解を図るため、市内小中学校の給食でえびの産の牛肉を提供しました。提供されたのは、ボルシチ(ロシア料理)約1500食で、76kgの牛肉が使われました。
岡元小学校6年の北別府虹輝(こうき)くんは、「えびの産のお肉がやわらかくて、おいしかったです」と話していました。

■2/6にしもろ2分の3成人式 ふるさとを思い出して
WEB会議システム「Zoom(ズーム)」を活用して、にしもろ2分の3成人式が行われました。これは、同年代の仲間づくりやふるさとを見つめ直すきっかけにしてほしいと、えびの市・小林市・高原町の2市1町が共同で開催したものです。
当日は、オンラインで31人が参加し、西諸地域で活躍する人のトークセッションやご当地クイズなどを楽しみました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU