文字サイズ
自治体の皆さまへ

がんばる富山ほほえみリレー「スマート農業で、広がる喜び」

1/9

富山県

◆農業組合法人布目沢営農 代表理事 小塚守さん
これまでほ場の大規模化を進めてきた布目沢営農。令和元年にスタートした農水省のスマート農業実証プロジェクトに県内第一号として採択。65haの水田にGPS付自動運転トラクターや自動水管理システムなどを導入し、省力化や収量アップ、品質向上などの効果を実証した。若い担い手が減少するなか、代表理事の小塚守さんは「次世代にスマート農業の魅力を伝え、持続可能な農業の魅力を伝え、持続可能な農業経営を目指していきたい」と、さらにレベルアップを考えている。


収量コンバインによる解析


無人運転のロボトラ耕うん機

◆株式会社森田農園 代表取締役 森田一秋さん
6棟のハウスでミニトマトを栽培する森田さんは、電気工事に携わった経験と知識を生かし、施設内の環境を制御するシステムを手作り。センサーによる温度、湿度、二酸化炭素濃度の自動管理や、遠隔地からもノートPCやスマホで操作可能な栽培環境を構築し、収量の2割アップを達成。システムは県内のトマトやイチゴ栽培者にも導入され、データを共有。「互いに検討し、産地の発展を目指す仲間を増やしたい」と願う。

自作の機械で、室内の環境を管理

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU