ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症 生活支援対策および緊急経済対策(1)

11/36

山口県阿武町

町民のみなさまの生命と健康を守ることは、行政の第一の使命であるとともに、責務であると感じているところであり、今後ともスピード感をもって、最善の努力をいたす所存であります。これからも互いに支え合い、この難局を共に乗り越えて行きましょう。引き続き、町民のみなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
阿武町長 花田憲彦

■生活支援対策
▽特別定額給付金(国の「10万円給付金」)
市区町村を事業主体に、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の趣旨を踏まえ、迅速かつ的確に家計への支援を行うため、一律に一人当たり10 万円を給付する。

(1)対象者 令和2年4月27日において、市区町村の住民基本台帳に記録されている方
(2)申請・受給者 世帯主
(3)給付額 給付対象者1人につき10万円
(4)給付方法 郵送・窓口への申請書提出、またはオンライン申請で指定された個人口座へ、給付金を振り込み
(5)申請期限 5月3日から3ヶ月以内

▽子育て世帯臨時特別給付金
感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援する取り組みの一つとして、児童手当を受給する世帯に対し、対象児童1人につき1万円の給付金を支給するもの。

(1)対象者 令和2年4月分の児童手当の受給者
(2)対象児童 令和2年4月分の児童手当に係る児童
※3月31日までに生まれた児童が対象
(3)支給額 対象児童1人につき1万円
(4)申請及び支給方法 原則、申請不要。児童手当登録口座へ振り込み
※公務員の場合は申請が必要

阿武町では6月頃に支給する見込みです

■新型コロナ「総合相談窓口」開設
町民のみなさんの不安や困りごとに幅広く対応するため、4月20日から、役場本庁に「新型コロナウイルスに関する総合相談窓口」を開設しています。
事業所の売上減少に対する助成や融資、個人への給付金や税金の猶予、生活相談や将来に対する不安など、どんな内容でも結構です。お気軽にご相談ください。
※どこに相談するべきか迷ったら「総合相談窓口」
【電話】2-3110(総務課)

■阿武町役場Webサイト
「新型コロナ」関連情報まとめページ
各種申請書の様式もこちらに掲載しています

■貸付 当面の資金にご利用ください。
▽緊急小口資金
新型コロナウイルスの影響による休業等を理由に、一時的に資金が必要な方へ緊急の貸付を実施するもの。

(1)貸付対象者
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生活維持のための貸付を必要とする世帯
(2)貸付上限
・子どもの学校休業等・個人事業主等の特例の場合…20万円以内
・その他の場合…10万円以内
(3)貸付条件 償還期間2年以内(据置期間1年以内)、無利子
(4)申請窓口 阿武町社会福祉協議会
【電話】2-2615

▽総合支援資金(生活支援費)
新型コロナウイルスの影響による休業等を理由に、失業されて生活に困窮された方に、生活の立て直しための安定的な資金を貸し付けるもの。

(1)貸付対象者
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難になっている世帯
(2)貸付上限
・2人以上…月20万円以内
・単身…月15万円以内
※貸付期間は原則3ヶ月以内
(3)貸付条件償還期間 10年以内(据置期間1年以内)、無利子
(4)申請窓口 阿武町社会福祉協議会
【電話】2-2615

生活支援対策に関するご相談は:
阿武町役場健康福祉課【電話】2-3113
阿武町社会福祉協議会【電話】2-2615

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU