文字サイズ
自治体の皆さまへ

議会だよりNo.87(5)

12/40

山口県阿武町

■行財政改革等特別委員会 12月9日開催
▼松田穣(まつだみのる)委員長
▽一般職の職員の給与に関する条例の一部改正
問:職員からも「選ばれる町」になるよう、給与以外にも人員数や超過勤務などの待遇を改善する必要があるのでは。
答:
人員の数は、仕事が減っても簡単に減らすことができない。
採用に関しては従来、即戦力を求める傾向にあったが、今後は採用計画に余裕をもって人材育成に力を入れたい。

▽のうそんセンター改修工事請負契約の一部変更について
問:今回の増額について、最初の計画段階で予測できなかったのか。
答:改修工事中に経年劣化が認められた屋上の防水シート張り替えや、当初計画以外の網戸の張り替え、要望のあった神楽衣装保管場所の整備などの工事を追加したものである。

▽町道田部青浦線法面崩壊防止工事請負契約の一部変更
問:減額の理由は。
答:計画では、作業道を作って重機を下ろす予定であったが、地元の方の協力で作業道を作る必要が無くなったため、減額となった。

▽令和4年度一般会計補正予算(第5回)
問:「みどり保育園福賀分園敷地内整備工事費」の内容と経緯は。
答:裏手のコンクリート擁壁に穴が開き、土砂の流出があったため修理を行うほか、台風時に破損したプレハブ倉庫と不用になった焼却炉の撤去、園庭にある木の枝打ちを行うものである。

問:「未熟児養育医療給付金」に関連して、産後ケアは、以前は萩市の都志見病院で受けることができていたが、現在は産科が無くなっている。ケアを受けるには遠方の病院まで行く必要があるのか。
答:「日帰り型」の産後ケアは萩市の病院でも対応しているが、入院となると、防府市の県立総合医療センターでの対応となる。

問:土木費について、福賀地区の藤原橋改修工事の予算が計上されているが、いつから工事を行うのか。
答:
設計が終わったため工事費を計上したが、現在、県との協議に時間がかかっており、協議が終わり次第、工事を開始する予定である。
また、公共インフラに関しては、今後、経年劣化の状況や緊急性、必要性を考え、維持整備の優先順位を調べることにしており、町民への周知も行っていく必要がある。

▽令和4年度簡易水道事業特別会計補正予算(第2回)
問:「検針委託料」について検針員を1名増員した理由は。
答:現在、検針員が不足し、一部の検針業務を町職員が行っている状況であるため、シルバー人材センターに委託を行う予定である。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU