ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

町長コラム「誠・心・誠・意」

8/25

山形県三川町

■町を経営する者として
2月27日(水)、出羽商工会三川支部が開催する平成30年度地域振興懇談会に参加し、町の現状や今後のまちづくりの方向性について、説明させていただく機会がありました。
出羽商工会は、商業や工業、製造業、建設業、農業、小売業など、多岐にわたる業種の事業所で組織され、その規模も大小さまざまです。
しかし、共通することがあります。その経営者の皆さんは、大黒柱として、家族や従業員を守るため、日々、努力されている点です。これまで良い時もあれば悪い時もあったはずで、商売を続けていることに価値があると思います。戦後最長の景気回復が続いていると報道されていますが、お金の動きが鈍いためか、なかなか実感が伴わず、経営者の皆さんは苦慮しているのでは、と危惧しています。
しかし、いろいろな場面で経営者の方々にお会いすると、総じて明るく、エネルギッシュで、顔を合わせると私がパワーをもらっています。また、参加者のなかには若い人たちが増え、活気がありました。先代から引き継いだ方や自ら起業した方など、状況はさまざまですが、三川町を拠点に活躍している姿は頼もしく見えました。
このように町内で商売をされている方々は大勢いますので、買い物をする、仕事をお願いすることで町内でのお金の動きが活発になり、町の発展につながります。
大きな捉え方をすれば、町も事業所の一つであり、事業所と同じように経営感覚が求められています。私も町の経営者として、目の前のこと、5年先、10年先を見据えて取り組みを進めていきます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU