ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

Topics ひまわり広場

16/21

山形県中山町

■みんなで歌って元気になろう 新しいボランティアグループが発足
2月21日、勤労文化センターで、ボランティアグループ「みんなで歌って元気になろう実行委員会」の主催による、歌のイベントが行われました。
このグループは昨年開催された担い手養成講座(町と社協の共催)で「歌・楽・茶」としてイベントを開催した際、受講者から、「またやってほしい」との要望が多く寄せられたため立ち上がったボランティア団体です。楽しい体操をはさみながら、リクエスト曲全12曲を全員で歌いました。平成31年度は中山町数カ所で開催予定です。

■カルシウムを摂って健康に 町きららクラブで健康講座開催
2月26日、中央公民館で町きららクラブ(渡辺利明会長)が主催した健康講座が開催されました。
雪印メグミルク(株)から講師をお招きし、骨とカルシウムの関係についての講義をいただき、カルシウムが身体を作る上で大切な栄養素であることを勉強しました。また、講義の最後には、模型を使って昨晩の夕食のカルシウム摂取量を推計するゲームをし、楽しく、しかも実践的にカルシウムを摂取することの大切さを学びました。

■ひまわり荘で災害時を想定し避難訓練
3月9日に特別養護老人ホーム中山ひまわり荘(黒田玲子施設長)で、災害時を想定した防災訓練が行われました。万一の災害に備え、村山地区特別養護老人ホーム等では、「災害時施設相互応援協定」を結んでおり、避難者の中に要配慮者がいる場合、安全確保や人的・物的支援など必要に応じ協定本部へ応援要請することになっています。今回の訓練では、福祉避難所開設・施設相互応援協定行動訓練・要配慮者の受け入れ訓練、簡易ベッドの作成訓練などが行われ、災害への備えを万全にしていました。

■中山中学生が認知症を学ぶ サポーター養成講座開催
3月10日に中山中学校で1年生を対象に「認知症サポーター養成講座」が行われました。この講座は認知症について理解し、認知症の方やその家族をサポートする人を養成するもので、中学校では初めての実施です。健康福祉課と地域包括支援センターの職員が講師となり、寸劇を交えながら認知症について説明を行いました。
中山中では防災学習に力を入れており、認知症について知ることは避難所運営の際などに役立てることができるということで、今回の講座の実施となったものです。

■卒業おめでとうございます 大きくはばたけ中山の子どもたち
3月、旅立ちのシーズン。町内の小中学校、保育園・幼稚園でも、卒業式や卒園式が行われました。先生や保護者、地域の方々などたくさんの人に見守られ、それぞれの思いを胸に晴れの日を迎えました。
・3月16日 長崎小学校
・3月16日 豊田小学校
・3月22日 ながさき幼稚園
・3月15日 中山中学校
・3月26日 なかやま保育

■寄附ありがとうございます
・長崎小学校平成30年度6学年(佐々木慎司学年委員長)から、学校教育充実のため活用していただきたいと、長崎小学校に折りたたみパイプいす22脚を寄附していただきました。
・豊田小学校教育後援会(大津利美会長)から、児童の安全確保や健康の増進、心の教育で活用していただきたいと、豊田小学校に、防災ずきんセット、竹馬・竹馬整理台、大太鼓用台座、児童用図書を寄附していただきました。
・日本マクドナルド株式会社より、子どもの連れ去り事件などが増えている中、未然に防ぐ手助けをするため、地域防犯活動に役立ててほしいと、長崎・豊田両小学校の新1年生に安全笛100個が贈られました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU