ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

町長エッセイ 町長ほっとタイムス

20/27

山形県庄内町

「令和」元年の幕開け!良き時代になる事を信じて!みなさんこんにちは。「令和」元年が幕を明けました!天皇陛下の譲位による改元は、明治以後初めてとなります。明治以降の近代・現代は、天皇の即位(践祚(せんそ))にあわせた改元となり、明治は45年間、大正は15年間、昭和は64年間、平成は31年間でした。
江戸時代に遡ると、元号数はその250年余の中で、元和(げんな)から慶応まで35あります。また、それらの元号の期間をみると、寛永、享保の21年が最も長く、元禄の17年、文化、天保が15年と続いています。他の多くは2年から10年前後であり、1つの元号の期間は、平均すると7年余です。その改元時期については、天皇即位のとき以外に、火災、地震等の大きな出来事や将軍が亡くなるなど、特に限定されていなかったことがうかがえます。
改めて地方における平成の時代を振り返ると、平成12年の地方分権一括法施行から三位一体改革へと進み、平成の大合併が起こりました。その結果、全国の市町村数は、平成12年時の3,232から11年間で1,727へとほぼ半減しています。また、平成7年の阪神淡路や平成23年の東日本大震災など、全国で地震、津波や豪雨といった災害にも数多く見舞われた31年間でした。
はてさて、「令和」の時代はどんな時代となるのでしょうか。未来は誰も予測できませんが、通常通り、前向きに、良き時代になることを信じていきたいと思います。
庄内町長 原田眞樹

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階