文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度から適用される「市・県民税の主な改正」

7/15

山形県新庄市

令和3年度(令和2年分の所得)以降の市・県民税に適用される税制改正の概要についてお知らせします。

■給与所得控除・公的年金等所得控除から基礎控除へ振替が行われます
給与所得控除および公的年金等控除の控除額が10万円引き下げられ、どのような所得にでも適用される基礎控除の控除額が10万円引き上げられました。

○給与所得・年金所得の両方がある方は、控除額減額の影響が重複しないように措置が講じられます。
○また、控除上限額の引き下げなど、いくつかの改正が行われています。

■未婚のひとり親の方に対する控除が拡充されました
全てのひとり親の方に同様の控除が適用されることになりました。
(単位:万円)

(1)婚姻歴や性別に関わらず、生計を同じとする子(総所得金額等が48万円以下)がいる単身者には、同一の「ひとり親控除」が適用され、30万円が控除されます。
(2)(1)以外の寡婦には引き続き、寡婦控除として26万円が控除されます。
(3)所得制限(合計所得500万円以下(≒給与収入678万円以下))が設けられます。
(注)住民票の続柄に「夫(未届)」「妻(未届)」の記載がある方は対象外です。

■その他の主な改正点(改正項目のみ紹介)
・調整控除の見直し
・配偶者控除、扶養控除等の所得要件の見直し
・非課税基準(所得・対象)の見直し
・所得金額調整控除の創設

税制改正の詳細は、市ホームページをご確認ください。

問合せ:税務課課税室市民税係
【電話】29-5537

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU