ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和元年度決算(1)

11/24

山形県朝日町

町の令和元年度決算が、町議会9月定例会で認定されました。
町民の皆さんから納めていただいた税金や、国・県からの支出金がどのように使われたのか、町の財政状況がどうなっているのか、その概要をお知らせします。

■一般会計 数字は前年度比
歳入は、小中学校のエアコン整備事業や防災・減災・国土強靭化緊急対策に伴う道路整備事業(町道三中線、一本松線)など、国庫補助の採択を受けた大型事業、また町が単独で実施する創遊館空調設備改修や防災備蓄倉庫建設も重なり、国庫支出金が1億1691万円(41・6%)、繰入金が1億815万円(26・2%)、町債が3億8690万円(68・6%)それぞれ大幅増となりました。歳入全体では、6億8037万円(12・7%)の大きな増となっています。
歳出も下記事業の実施により教育費が3億4454万円(61・8%)、土木費が1億4683万円(28・1%)と大幅増となっています。公債費については、近年の大型建設事業分の償還が増えているほか、将来負担の軽減を目的に繰上償還を実施したこともあり、1億459万円(14・8%)の増となりました。公債費の増は6年連続で、この傾向は今後数年間続く見込みです。歳出全体では6億6758万円(13・4%)の増となりました。
歳入歳出差引額は3億8797万円。このうち、事業が終わらないため翌年度に繰り越して使うお金2085万円を差し引き、さらに財政調整基金に2億円を積み立てた残額1億6712万円を令和2年度に繰り越しました。

◆用語の説明
○歳入
・地方交付税…全ての市町村で一定水準の行政サービスが受けられるように、国が交付するお金
・自主財源…町税など町が自主的に確保できるお金
・依存財源…町が自主的に確保できないお金
・国・県支出金…特定事業のために、国や県から交付されるお金
・地方譲与税…国が税金として徴収し、市町村へ譲与されるお金

○歳出
・民生費…子育て支援・高齢者福祉・生活保護など、主に福祉のために使われるお金
・公債費…町が借り入れた地方債の元利償還などのお金
・総務費…交通・定住対策、自治会の活動、選挙、災害対策などに使われるお金
・衛生費…予防接種や健診などの健康増進、ごみ処理などに使われるお金。病院事業への補助も含まれる

■令和元年度の主要施策
・小中学校へのエアコン設置…2億9,791万円
全小中学校へのエアコン設置工事を進めました(※金額はR元年度の支出分)。

・創遊館空調設備改修…1億8,678万円
オープンから約20年となる創遊館の空調設備を更新しました。

・町道一本松線の新設…1億2,147万円
国の大型補助事業を活用し、工事を加速させました。

・町道三中線の改良…8,772万円
国の大型補助事業を活用し、工事を加速させました。

・防災備蓄倉庫整備…3,255万円
災害発生等に備えて、防災資機材を保管する倉庫を整備しました。

・(有)地球耕望株式取得…3,000万円
りんご温泉を存続させるため、同社の全株式を取得しました。

・Asahi自然観大型草刈機購入…598万円
ゲレンデ維持管理の効率性を高めるため、大型草刈機を購入しました。

・消防団用AED配備…408万円
救命率向上に向け、各消防団のポンプ庫に計18台配備しました。

■特別会計
○全会計で黒字を確保
国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療の各特別会計は黒字を確保でき、良好な財政運営を維持できました。
また、集落排水事業特別会計は、平 成29年度から3カ年事業で進めてきた施設設備改修工事により、歳入・歳出ともに例年より決算額が増大しています。

(単位:万円)

※水道事業・病院事業の収支不足額は、過年度分損益勘定留保資金等で補てんしています。
※企業会計については、収益的収支は税抜き、資本的収支については税込みで表記しています。

■企業会計
○522万円の経常損失(病院事業)
病院事業会計の収益的収支(税抜)は、医業収益の4億7094万円に、一般会計からの繰入金を含む医業外収益2億5276万円及び特別利益5万円を加えた7億2375万円を収入として計上。支出に7億2897万円を計上し、522万円が当年度の経常損失となりました。
資本的収支(税込)は一般会計出資金や企業債等を収入に2億1483万円、建設改良費や企業債償還金等を支出に2億5650万円を計上しました。

○前田沢地内送水管を布設替え(水道事業)
水道事業会計の収益的収支(税抜)は、水道使用料などの収益として1億5792万円、水道水供給に要する費用として1億3352万円を計上。水道事業会計としては、2440万円の当期純利益となりました。
資本的収支(税込)は、一般会計からの出資金や新規水道加入金の収入として142万円、前田沢地内送水管布設替工事や太郎地内橋梁工事に伴う配水管移設工事などの水道施設の更新に要する費用及び企業債償還金として4874万円を計上しました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU