文字サイズ
自治体の皆さまへ

「朝日町消防団ビジョン」を策定 ~地域住民の安心・安全を確保する組織を~

8/23

山形県朝日町

昨年12月、町及び町消防団は社会の変化に柔軟に対応し、地域住民の安心・安全を確保する組織であり続けるための行動方針を定めた「朝日町消防団ビジョン」を策定しました。ビジョン策定に向け、平成30年度から各部の意見聴取会や区長との意見交換会、消防団幹部での検討会などを行ってきました。
1月22日には浅岡清二郎団長から鈴木町長へ提出され、浅岡団長は「ビジョンで示したものを具体的な行動に移し、今後も地域住民の安心安全のために頑張っていきたい」と意気込みを語っていました。

■概要
計画期間:令和2年度~令和9年度

○今後の取り組み方針
・活力があり地域の安心・安全のため活動できる持続可能な消防団組織の育成
・団員がやりがいと魅力を感じる消防団活動の推進
・災害時における対応力の向上及び他組織との連携強化

○年度別取り組み
[令和3年4月1日~]
・配備車両等の見直し
小型動力ポンプ25台→10台(15台減)
※今後、ポンプが減少する地区と調整を図っていく。
※地区でポンプを運用管理していく場合もあり。
・機能別消防団員の拡充
平日、日中火災の消防力の低下を防ぐため、これまでの人数から増員。(全体で概ね50名程度)
・部の班数を削減
43班→26班(17班減)

[令和4年4月1日~]
・団員定数の見直し
340人→310人(30人減)
・大規模災害団員の創設
大規模災害時や避難勧告等発令に伴う避難所設営や運営で活動する団員を確保。
対象:消防団や自衛隊、警察、看護師などを退職された方(全体で概ね15名程度)
・役場消防団員の拡充
平日、日中火災の消防力の低下を防ぐため、これまでの人数から増員。(概ね10名程度)

[令和5年4月1日~]
・部の再編
13部→11部(2部減)

[令和7年4月1日~]
・部の再編
11部→6部(5部減)

「朝日町消防団ビジョン」は町ホームページにて公開しています。消防団の状況や今後の詳しい計画等につきましては今後広報誌等で周知していきます。

問合せ:総務課 危機管理係
【電話】67-2111

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU