文字サイズ
自治体の皆さまへ

町長歳時記 (171)

1/23

山形県朝日町

■未来に夢を描く
~描いた夢は、実現する~

コロナ禍による全世界の閉塞感は頂点に達し、いつ果てるともない不安と焦燥に人々の心は荒(すさ)みきって、心の冷静さを保ち続けることさえ困難を極めていました。
そんなコロナ禍第3波に覆われた昨年12月6日地球に帰還した「はやぶさ2」は日本が誇る小惑星探査機で、小惑星「リュウグウ」への着陸と惑星のサンプル採取持ち帰りを成功させました。このように未曽有の困難時でさえ明日へ夢を描き、希望を力として前進し続けてきたのが人間であります。
いよいよ新型コロナウイルスワクチン接種が2月から医療従事者へ開始され、高齢者への接種を4月初めから行うと発表がありました。
通常、ワクチン開発には何十年という時間がかかると言われていますが、今回の対応はパンデミックという事情の中ではありましたが、極めて早期の開発が実現されました。
ファイザー社のワクチンはm(メッセンジャー)RNAを活用しターゲットとなるウイルスの遺伝子情報があると、その遺伝子情報のみから作れるので非常に素早く作ることができ、なおかつ有効性が90%と、よく効くワクチンだということです。このように人間は、危機的状況になった時、今までの研究の粋を集め、最先端の科学技術を駆使して、困難への最善の対応を成し遂げます。
宇宙への挑戦は言うに及ばず、自動運転、空飛ぶクルマ、AI内視鏡、バイオ3Dプリンターによる人工臓器などなど、遥か遠くに夢見た未来は、急速に私たちの前に姿を現し、その進歩が世界の課題克服へとつながっていくのです。
未来に夢を描けるのは人類の素晴らしさであり、描いた夢は実現しています。そして夢に描いていることが、将来の希望につながっていくのです。

朝日町長 鈴木浩幸

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU