文字サイズ
自治体の皆さまへ

「冬の〝生活不活発病”を予防するために」

8/20

山形県金山町

――Forever in My Town!―――
いつまでも
住み慣れた金山で
Part.17
――Enjoy My Life!―――

新型コロナウイルス感染症が拡大していることもあり、いつもより外出を控えている方は多いと思います。活動する機会が減ると心身の機能が低下し「生活不活発病」になりやすいため、栄養・口腔・運動を取り込んだ一日の過ごし方を心がけましょう。

◆一日3食食べましょう
・朝食は、脳の活性化のため炭水化物(ごはんやパン)をしっかり食べる。
・毎食の食事に必ずタンパク質(魚・肉・大豆製品等)を取り入れる。

◆音読でお口のトレーニング
・口を大きく動かして「早すぎず、ゆっくりすぎず」自然な速さで新聞や俳句・川柳などの音読を。
※自分の声をしっかり聴くことは難聴の予防になります。また、文章を読むことで、脳の刺激となり、認知症の予防にもなります。

◆何気なく行っている家事で運動をしましょう
・テーブルや窓を拭く動作で、手を大きく動かす。
・台所に立ちながら(椅子等につかまって)片足立ち。※転倒に注意!

全ての項目に取り組めたかを、「〇・×」で毎日記録しておくのもおすすめです。春になって、畑仕事や趣味活動などを元気に再開できるといいですね。

問合せ:金山町地域包括支援センター
【電話】52-3035

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU