文字サイズ
自治体の皆さまへ

東京金山会通信No21

16/20

山形県金山町

◆東京金山会元会長 柿﨑治三郎(じさぶろう)さんの死を悼む
東京金山会元会長・現在顧問の柿﨑治三郎(じさぶろう)さんは昨年10月6日に逝去されました。奥様からいただいた喪中の葉書で亡くなられたことを知りました。コロナ禍の影響でお伺いすることはかないませんでしたが、あまりにも突然で未だに信じられない思いでございます。会員の皆様とともに心より哀悼の意を表します。
柿﨑治三郎さんは下中田のご出身で金山高校卒業後上京され、日本芸能社に就職し10年後には政府認可の「株式会社カキザキプロダクション」を設立し社長に就任されました。芸能プロダクションの社長として興行界に残る古い慣習の中で苦労されながら、興行企画、イベントなどの実績が評価され1994年(平成6)には全日本芸能事業者協会の会長に就任されました。芸能界一筋で成功し業界のトップとして活躍された柿﨑さんは、東京金山会でも多大な貢献をされました。当時の金山会は近岡秀輔会長・大場辰男副会長を中心とする役員体制でしたが、柿﨑さんはお二人の補佐役として副会長を務められ、年次総会成功のために有名芸能人の出演などを担当されました。特に1988年(昭和63)、ホテルニューオータニで開催した創立30周年記念総会では、和田弘とマヒナスターズの出演が成功しその後の会の発展に大きく寄与されました。柿﨑治三郎元会長のご功績をたたえ心よりご冥福をお祈り申し上げます。
文責:阿部保吉(東京金山会顧問)

◆[都会でがんばる金山町出身者]9人目は菅知彦(ともひこ)さんです。
七日町出身の菅知彦です。岸伊和男(いわお)氏(十日町)が45年前に興した会社で、マリオンクレープ(※)の商号で首都圏を中心にクレープショップを全国展開する業務にあたっています。また七日町の栗田直史(なおふみ)氏が入社し店舗開発、フランチャイズ部門担当者として活躍しています。私は2003年より金山中学校の職場訪問(渋谷区)に協力させて頂いています。毎回、生徒らから若さと向学心をもらい自身の成長に繋げています。昨年はコロナ禍で都内修学旅行が中止になりましたが、早く収束して金中の皆さんとお会いできるのを楽しみにお待ちしております。
※マリオンクレープ(【HP】http://www.marion.co.jp)

問合せ:東京金山会広報担当(藤山善夫)
【電話】080-5525-0435 【メール】fujiyama.d.siren@ae.auone-net.jp
東京金山会のページにアクセス!(※QRコードは本紙15ページをご覧ください。)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU