文字サイズ
自治体の皆さまへ

【飯豊遺産】いいで・ヘリテイジ(65)

8/30

山形県飯豊町

◆常福院不動明王三尊像(じょうふくいんふどうみょうおうさんぞんぞう)の修復事業(7)
前回までお話ししたように、常福院にある不動明王三尊像(ふどうみょうおうさんぞんぞう)は、飯豊町と出羽三山信仰(でわさんざんしんこう)の歴史を伝える貴重な仏像です。修復が求められていたことから科学的な調査を行い、修復計画を立てたものの、完全な修復に約400万円の費用が必要だったため、着手できずにいました。
しかし、本像は自立できない状態だったため、転倒する恐れがあり、早急な対処が望まれていました。平成29年、(株)アサヒビールが本像の修復に50万円を助成してくれる事になりました。50万円では完全な修復は叶いません。しかし、像が自立できるようになる足部の修復を実施することが可能でした。この修復は公開修復としたことから、その様子をご覧になった方もいるかと思います。その後、完全な修復費用の確保に苦労していたものの、令和2年、ついに公益財団法人三菱財団が364万円の修復費用を助成してくれることになり、完全な修復に着手できることになりました。本修復事業は令和4年3月に完了予定です。
このように文化財の修復には、手間、時間、費用がかかります。文化財は、私たちが帰属(きぞく)する地域を形作る「文化」の存在を証明するものです。未来の子どもたちが自分の帰属意識を感じることができる飯豊、山形、日本といった地域を維持するためにも、文化財を修復し、継承していく必要があると考えています。

(4:質の高い教育をみんなに)

問合せ:町社会教育課生涯学習振興室
【電話】72-3111

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU