ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康としあわせ

6/21

山梨県南アルプス市

◆「熱中症警戒アラート(試行)」が始まっています。
熱中症対策として環境省と気象庁が連携し、7月から関東甲信地方で先行して行われています。
アラートは熱中症の危険性が極めて高い遮熱環境(しゃねつかんきょう)(暑さ指数※33℃以上)が予測される際に、その前日および当日の朝に発表され注意を呼びかけます。環境省・気象庁のホームページで確認できるほか、テレビやラジオ、市の防災無線などでお知らせします。
※暑さ指数(WBGT)とは?
熱中症対策を目的に提案され、気温や湿度、地面からの照り返しの熱などから暑さの厳しさを示す指標です。

▽熱中症警戒アラートが発表されたら次のような予防行動を積極的にとりましょう
(1)気温・湿度・暑さ指数(WBGT)を確認しましょう。
(2)熱中症になりやすい方々(子ども・高齢者・障がい者)に声かけをしましょう。
(3)不要・不急の外出はできるだけ避け、エアコン等が設置されていない屋内外での運動や活動は延期または中止しましょう。
(4)熱中症予防行動を普段以上に実施しましょう。
・暑さを避けるため、涼しい室内に移動しましょう。
・涼しい服装を心がけ、日傘や帽子を使いましょう。
・こまめに水分を補給しましょう。
・エアコンの使用中もこまめに換気をしましょう。(エアコンを止める必要はありません)
・屋外で人と十分に距離が離れている場合はマスクを外しましょう。

「熱中症警戒アラート」では下の表の5段階に分けて熱中症の危険性を示しています。


※日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針Ver.3」(2013)より
※日本スポーツ協会「熱中症予防運動指針」(2019)より

問合せ:健康増進課
【電話】284-6000

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU