文字サイズ
自治体の皆さまへ

クローズ・アップ

10/41

山梨県甲斐市 クリエイティブ・コモンズ

■空き家等の対策に係る補助金制度
既存住宅の老朽化や少子高齢化の進行等に伴い、空き家の増加が懸念されています。
市では、空き家等の対策について総合的な推進を図るため、「第2期甲斐市空家等対策計画」を策定しました。
計画の策定に併せ、新たに2つの空き家対策に係る補助制度を設けましたのでご活用ください。

○市空家等除却費補助金
内容:周辺の生活環境を保護するため、老朽化が激しい市内の空き家等の除却工事費用の一部を補助します。
※市内施工業者が工事したものに限ります。
対象:個人が所有する市内の住宅(店舗併用住宅を含む)で、住宅地区改良法施行規則に基づく住宅の不良度の評点が100点以上であるもの(判定は市で行います)
補助額:工事費用の2分の1(最大50万円)

○市空き家バンクリフォーム補助金
内容:空き家バンクへの物件登録や市内への居住促進のため、空き家バンク登録物件のリフォーム工事費用の一部を補助します。
※市内施工業者が工事した総額20万円以上のものに限ります。
対象者:住宅所有者、入居者または入居予定者等
対象となる住宅:市空き家バンク制度の規定により空き家バンクに登録された空き家
補助額:工事費用の2分の1(最大100万円)
※各補助金制度の利用には条件があります。制度を利用する場合は、事前に問い合わせください。

問合せ:
市空家等除却費補助金 建設課(本館2階)【電話】055-278-1668
市空き家バンクリフォーム補助金 商工観光課(本館2階)【電話】055-278-1708

■消防団正副団長
4月1日、市消防団長任命式が行われ、中島一洋さんが消防団長に再任されました。
また、4月2日には、副団長任命式が行われ、中島団長が次の3人を副団長に任命しました。
詳細は本紙でご確認ください。

■甲斐警察署の供用開始
韮崎警察署が甲斐市に移転し、5月6日(木)から「甲斐警察署」として供用を開始します。
また、これに伴い韮崎警察署旧庁舎、甲斐分庁舎および塩崎駐在所は5月5日(水・祝)に廃止されます。
今後も、市と警察署の連携を一層深め、市民のみなさんの安心や安全を守るとともに、交通事故防止等の啓発活動を推進していきます。

問合せ:
韮崎警察署(5月5日まで)【電話】0551-22-0110
甲斐警察署(5月6日以降)【電話】0551-20-0110

■コンビニでの証明書の交付を一時停止します
システムメンテナンスのため、コンビニエンスストアの証明書交付サービスを次の期間停止させていただきます。ご迷惑をおかけしますがご協力お願いします。
停止期間:5月1日(土)〜5日(水・祝)
停止する交付サービス:住民票・印鑑登録証明書・所得課税証明書

問合せ:市民戸籍課(新館1階)
【電話】055-278-1664

■文化財保存活用地域計画協議会委員を公募します
文化財の保存・活用に関する計画策定等を行うため、積極的に参画していただける文化財保存活用地域計画協議会員を募集します。
内容:地域の歴史や文化財を守り、活用し次世代に継承するための、文化財保存活用地域計画の策定等
※平日(日中)の会議を基本とし、市役所で年4回程度の開催を予定しています。
公募人数:4人
※公募以外の委員を含めた委員総数は16人です。
任期:委嘱の日から2年間
応募条件:
・市内在住または通勤、通学している20歳以上の人(ただし、議員、市の常勤職員は除く)
・反社会的勢力と関係のない人
応募方法:生涯学習文化課に設置されている申込書(市ウェブサイトからダウンロード可能)に必要事項を記入し、郵送、FAXまたは生涯学習文化課に持参してください。
郵送:〒400-0192 篠原2610 生涯学習文化課宛
応募期間:5月6日(木)〜28日(金)
選考方法:応募した人の中から、書類審査により選考
※結果は本人宛てに通知します。
報酬:出席した日数×3、000円

申込み・問合せ:生涯学習文化課(新館3階)
【電話】055-278-1697
【FAX】055-276-7290

■聖火リレー通過に伴い交通規制を実施します
東京2020オリンピック・パラリンピックの聖火リレーが次の日程で市内を通過します。通過ルートおよび周辺では、通行規制・迂回案内に協力をお願いします。
通過日:6月26日(土)
規制予定時間:午後2時40分〜4時10分
※ルートおよび規制箇所等詳細は、広報6月号または市ウェブサイトをご覧ください。

問合せ:スポーツ振興課(新館2階)
【電話】055-278-1698

■甲斐市民バスの車両が変わりました
山梨交通敷島営業所〜山梨大学医学部付属病院線の車両が変更されました。

問合せ:経営戦略課(本館3階)
【電話】055-278-1678

■「やまなしデータdeヘルス」事業参加者を募集します
県では、国民健康保険加入者の健康づくりを推進するため、健康づくり専用アプリ「ケンコム」への参加者を募集しています。
アプリの機能:
(1)ためになる健康情報が届く
(2)将来の健康状態を予測
(3)自動で歩数を記録
(4)ポイントもたまる
対象:県内在住で、市町村国民健康保険に加入している19歳〜74歳の人
※アプリのダウンロードは広報本紙掲載のQRコードから

問合せ:県国保援護課
【電話】055-223-1466

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU