文字サイズ
自治体の皆さまへ

後期高齢者医療制度に関するお知らせ

2/17

岐阜県七宗町

◆10月1日から医療費の窓口負担割合が見直されることにともない皆様の保険証(後期高齢者医療被保険者証)が新しくなります
・令和4年10月1日から、一定以上の所得がある方は、医療費の窓口負担割合が2割になります。
※現役並み所得者(現行の制度で3割の方)は、10月1日以降も3割です。
・10月1日以降、医療機関等に受診される際は、9月中旬頃にお届けする新しい保険証(見直し後の窓口負担割合が記された保険証)を必ず提示してください。

9月30日まで薄い黄色→10月1日から薄い青色

一定以上の所得がある方とは、課税所得※1が28万円以上の被保険者及びその同一世帯の被保険者
で、「年金収入※2+その他の合計所得金額※3」が200万円(被保険者が二人以上いる世帯の場合は、合わせて320万円)以上の方です。ただし、住民税非課税世帯の方は、1割負担となります。
※1前年の収入から給与所得控除や公的年金等控除等、所得控除(基礎控除や社会保険料控除等)を
引いた後の金額(住民税納税通知書の「課税標準」の金額)です。
※2遺族年金や障害年金は含みません。
※3事業収入や給与収入等から、必要経費や給与所得控除等を引いた後の額です。

◆2割負担になる方で高額療養費の口座が登録されていない方には9月下旬頃に「岐阜県後期高齢者医療広域連合」から申請書を郵送します
・窓口負担割合が2割となる方には、10月以降の外来診療での負担増加額を1か月あたり3,000円までに抑える配慮措置があります。
・該当になる場合には、登録されている高額療養費の口座へ後日払い戻します。
・申請書が届きましたら、必要事項をご記入いただき、返信用封筒で返送してください。
・返信用封筒の宛先は、岐阜県後期高齢者医療広域連合が業務を委託した業者となっていますので、ご了承ください。(返信用封筒の宛先住所は「大阪市西区」です)

※ご注意ください!
・申請書は必ず郵送でお届けします。厚生労働省や市町村が、電話や訪問で口座情報の登録をお願いすることや、ATMの操作をお願いすることは絶対にありません。
・不審な電話があったときは、警察署または消費生活センター等にお問い合わせください。

詳しくは、9月中旬頃にお届けする保険証(薄い青色)に同封のリーフレットをご覧ください。

問合せ:岐阜県後期高齢者医療広域連合
【電話】058-387-6368(代表)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU