ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

くらしとけんこう2

5/11

岐阜県各務原市 ホームページ利用規約等

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、掲載した行事・イベントを中止・延期する場合があります。

◆市民プール屋外プールの営業中止 
市民プールの屋外プールは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の徹底が困難なため、今年度の営業を中止します。ご理解をよろしくお願いします。なお、屋内温水プールは、8月1日より再開を予定しています。

詳細:市民プール
【電話】058-370-6506

◆コラボレーションコンサートの中止 
8月1日に開催を予定していた「み・ら・い・へコラボレーションコンサート」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止します。なお、チケットの払い戻しを行います。持参の上、お越しください。

期間:7月31日までの平日8:30~17:15
場所:産業文化センター6階いきいき楽習課内各務原市文化協会(那加桜町2)

詳細:いきいき楽習課
【電話】058-383-1042

◆通知カードの廃止 
5月25日をもって、マイナンバーをお知らせする紙製の通知カードを廃止しました。今後、出生や海外からの転入で、初めてマイナンバーを付番する方には、「個人番号通知書」を郵送し、マイナンバーをお知らせします。 
ただし、「個人番号通知書」は通知カードと異なり、マイナンバーを証明する書類として使用することができません。ご注意ください。

【すでに発行された通知カード】 
現在お持ちの通知カードで、最新の氏名や住所が記載されているものは、マイナンバーを証明する書類として、引き続き使用することができます。

【住所変更や戸籍届出により、住所や氏名に変更があった場合】 
お持ちの通知カードは、マイナンバーを証明する書類として使用することができなくなります。マイナンバーを証明する書類が必要な場合は、次のいずれかを取得してください
・マイナンバーカード(個人番号カード)
・マイナンバーが記載された住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
備考:マイナンバーカードは、申請から受け取りまで、1カ月半ほどかかります

【通知カードの返納が必要となる場合】
国外へ転出する場合、またはマイナンバーカードの交付を受ける場合、通知カード廃止後であっても、返納する必要があります。

【終了した手続き】
通知カードの廃止に伴い、次の手続きを終了しました
・通知カードの再交付申請
・記載事項変更の手続き

詳細:市民課
【電話】058-383-1078

◆マイナンバーカード臨時交付窓口を開設 
マイナンバーカードを日中に受け取ることが難しい人のために、平日の受付時間を延長し、休日窓口を開設します。

期日:
・平日(17:15~19:00):7月9日・30日、8月13日・27日、9月10日・24日 いずれも木曜日
・休日(9:00~12:30):7月12日、8月9日、9月13日 いずれも日曜日
場所:市役所1階市民課
対象:マイナンバーカードの交付申請を行い、市から交付通知書が手元に届いた方
持参品:交付通知書、通知カード、本人確認書類(2点必要な場合や、親権者の本人確認書類が必要な場合があります。詳しくは下記へ)
備考:
・休日受取は、事前(平日の8:30~17:15)に電話予約が必要です
・受取は、ご本人がお越しください(15歳未満の場合は、親権者も来庁が必要です)
・当日は市役所駐車場を開放します。市役所北玄関からお入りください
・転入・転出などの異動届、印鑑登録、住民票の写し、印鑑登録証明書、旅券の取扱などはできません

申込と詳細:市民課
【電話】058-383-1078

◆今月の納税
固定資産税  2期
都市計画税  2期
国民健康保険 2期
後期高齢医療 1期
7月31日(金)まで

◆7月から受付国民年金免除申請 
経済的な理由などで保険料の納付が著しく困難な場合、申請することで国民年金の納付が免除されることがあります。免除期間は、将来の年金を受けるための資格期間とみなされます。

【保険料免除制度】
被保険者、配偶者、世帯主の前年所得(失業による場合を除く)を基準として免除の判定をします。免除された期間は、受給資格期間に算入され、段階に応じて年金額に反映されます。

免除区分と月々の保険料:
・全額免除:なし
・4分の3免除:4140円
・半額免除:8270円
・4分の1免除:1万2410円

【納付猶予制度】 
被保険者(20歳以上50歳未満の方)と配偶者の前年所得(失業を理由とする場合を除く)が判定の基準です。猶予期間は、受給資格期間に算入されますが、年金額には反映されません。

【保険料の追納】 
免除・猶予された場合、10年以内であれば、さかのぼって保険料を納められます。ただし、2年以上経過すると、当時の保険料に政令で定める額が加算されます。

【申請の手続き】
申請の窓口:市民課国民年金係
持参品:
・マイナンバーが確認できる書類・年金手帳・印鑑・本人確認書類(届出人)
・失業による場合:雇用保険受給資格者証、または離職票の写し
備考:
・承認期間は、令和2年7月分~3年6月分
・結果は約3カ月後に年金事務所から通知
・過去2年分までは、さかのぼって免除などの申請可

詳細:
・申請受付:市民課【電話】058-383-1113
・審査結果:岐阜南年金事務所【電話】058-273-6161

◆後期高齢者医療納入通知書を送付
【令和2年度後期高齢者保険料】 
5月末までに被保険者となった方に対して、7月中旬に「保険料額決定通知書・納入通知書・納付書」を送付します。

【保険料の算出方法】 
被保険者全員が等しく負担する「均等割額(4万4411円)」と、所得に応じて負担する「所得割額(前年所得より算定)」の合計額です。今年度の保険料は、令和元年中の所得をもとに、個人単位で計算されます。

【保険料の軽減について】 
被保険者本人や世帯主の所得水準などにより保険料が軽減される場合があります。

【保険料の軽減措置の見直し】 
今年度の軽減は、昨年度に比べて、次のように改正されます。
・今年度分の保険料「均等割額」軽減割合は、8.5割は7.75割に、8割は7割に変更
・均等割額軽減判定で、2割、5割軽減の判定基準額を拡大

【保険料の納付方法について】 
特別徴収(年金天引)と普通徴収(口座振替や納付書での納付)があります。送付した納入通知書でご確認ください。昨年度は普通徴収の方でも、条件によって10月から特別徴収になる場合があります。
特別徴収されている方で口座振替を希望する場合は、金融機関へ口座振替の申込と、医療保険課へ納付方法の変更届出をしてください。

詳細:医療保険課
【電話】058-383-1128

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU