ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

コロナ社会を生き抜く ~新しい生活様式~

2/11

岐阜県各務原市 ホームページ利用規約等

◆実践しよう!新しい生活様式
新型コロナウイルス感染症はいまだ終息しておらず、感染症への対応は長丁場になると言われています。
これからは、日常生活と感染対策を両立しなければなりません。「新しい生活様式」の実践例を下記に掲載しています。日常生活に取り入れて、感染拡大を防止しましょう。

◆熱中症にも気を付けて!
これからの時期は、熱中症の危険性が高まります。そのため、「新しい生活様式」の中で、熱中症を予防しなければなりません。例えば、1日1.2ℓを目安に、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をする、換気をしながらエアコンを使用するなどの予防行動をして、熱中症を防ぎましょう。
これらの熱中症予防行動の詳細は、厚生労働省のウェブサイトで公開されています。ぜひ、ご確認ください。

◆「新しい生活様式」実践例
〇基本生活様式
□咳エチケットの徹底
□こまめに換気
□「3密」(密集、密接、密閉)の回避
□毎朝の体温測定、健康チェック

〇基本的感染対策
□人との間隔をできるだけ2m(最低1m)あける
□遊びに行くなら屋内より屋外を
□真正面での会話は避ける
□症状がなくてもマスクを着用
□手洗いは30秒程度かけ、石けんで丁寧に洗う

〇移動
□感染流行地域の出入りは控える
□出張はやむを得ない場合のみ。帰省・旅行は控えめに
□誰とどこで会ったかメモをとる
□地域の感染状況に注意する

〇公共交通機関
□会話は控えめに
□混んでいる時間帯は避ける
□徒歩や自転車も併用する

〇働き方
□テレワークやローテーション勤務
□時差出勤でゆったりと
□オフィスは広々と
□会議はオンライン

〇食事
□持ち帰りや出前、デリバリーも利用
□屋外で気持ち良く
□料理は大皿を避けて、個々に
□対面ではなく、横並びに座る
□食事に集中、おしゃべりは控えめに
□お酌、グラスやお猪口(ちょこ)の回し飲みは避ける

〇買い物
□通販も利用
□1人または少人数で、すいた時間に
□電子決済を利用
□計画を立てて、素早く済ます
□商品への接触は控えめに
□レジに並ぶときは、前後にスペースを

〇娯楽、スポーツ
□公園はすいた時間、場所を選ぶ
□筋トレやヨガは自宅で動画を活用
□ジョギングは少人数で
□すれ違う時は距離をとる
□予約制を利用して、ゆったりと
□歌や応援は、十分な距離をとるか、オンライン

〇冠婚葬祭
□多人数での会食は避ける
□発熱や風邪の症状がある場合は参加しない

詳細:健康管理課
【電話】058-383-7570

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU