文字サイズ
自治体の皆さまへ

【注目情報】水道管の凍結に注意しましょう!

5/37

岐阜県笠松町

寒い日が続くと、屋外の蛇口や水道管が凍り破裂することがあります。特に気温がマイナス4度以下になると凍結による破損事故が多くなり、修理に高い費用がかかってしまいます。水道管を寒さから守りましょう。

Q1.凍結しないためには?
露出している水道管や蛇口に、保温材や布切れなどを巻きつけ、その上から、ビニールテープなどを下から上へ巻いて直接冷気が当たらないようにしてください。また、蛇口を少しあけて水を出しておくと凍結しにくくなります。

Q2.凍結してしまったら?
蛇口が凍ったときは、自然に溶けるのを待つか凍った部分をタオルなどで包み、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてください。急に熱いお湯をかけると水道管が破裂したり、蛇口を傷めることがありますので注意してください。

Q3.水道管が破裂してしまったら?
応急措置として、メーターボックスの中にある元栓を閉めて、笠松町指定給水装置工事事業者へ修理の申込みをしてください。

問合せ:水道課
【電話】388-1118
※詳細はPDF版をご覧ください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU