ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

《特集2》レジ袋削減にご協力ください!~7月1日からレジ袋の有料化がスタート

11/65

岡山県倉敷市

7月1日から、全国一律でプラスチック製買い物袋(いわゆるレジ袋)の有料化がスタートします。レジ袋の有料化が行われる背景には、海洋プラスチックごみ問題や地球温暖化など、地球規模の課題があります。
レジ袋の有料化は、こうした課題解決に向けた第一歩として、マイバッグの持参など、消費者のライフスタイルの変革を促すことが目的です。私たちが生活の中でできることを考えて、実践していきましょう。

■海洋プラスチックごみ問題とは
ポイ捨てや屋外で放置されたプラスチックごみは、雨風によって河川から海に流れ出て、水中を漂い、海岸に打ち上げられたり、海底に沈んだりしています。これらのプラスチックごみは、生態系を含めた海洋環境や観光・漁業への影響、船舶航行の障害などの問題を引き起こしています。
紫外線などによって劣化し、波などで小さく砕かれて、5ミリメートル以下の破片になったものを「マイクロプラスチック」と呼んでいます。さまざまな海洋生物がこれらを餌と間違えて食べてしまうことによる被害も確認されています。

■日頃からできる取り組み
・マイバッグを持参する
・マイボトルを使用する
・マイ箸を使用する
・プラスチック製のスプーンやストローなどの使用を控える
・詰め替え用ボトルなど繰り返し使えるものを選ぶ
・食品の保存はふた付き容器を使う
・買い物のときには簡易包装を頼む など

■レジ袋有料化に合わせてマイバッグのリユース事業を始めます
家庭で使用していない再利用可能なマイバッグを、クルクルセンターに提供してください。必要な人に譲ります。

問合せ:クルクルセンター(児島小川町3697-4)
【電話】470-6681

問合せ:本庁一般廃棄物対策課
【電話】426-3375

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU