ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

《特集3》地域に根付いて活躍中!地域おこし協力隊(2)

11/75

岡山県倉敷市

■善木駿祐さん
活動分野:商工分野
転入前住所地:大阪府
受け入れ団体:NPO法人備中まちづくりネットワーク
活動開始月:令和元年8月

◇地域の皆さんと一緒に、イベントで玉島のまちを盛り上げたい
以前、他の地域でイベントの企画・運営に関わった経験を生かして、イベントで玉島のまちを盛り上げたいと思い応募しました。
商店街や商店の店主などが講師として、プロならではの技術や知識を伝える「まちゼミ」の企画・運営を担当しています。元々は商店街で行う予定でしたが、他市の成功事例から、多くの参加店舗を集めることが成功の鍵だと感じ、商店街以外の店舗にも幅広く参加を呼び掛けることにしました。一軒一軒、地元の商店などを回り、参加・協力をお願いするなど、来年度の開催に向けて、準備を進めています。
また、和田隊員と一緒に、「備中玉島みなと朝市」などのイベント運営や会場設営なども行っています。出店数の増加に伴い、各店舗の配置などが複雑になったため、従来の配置図の様式を更新するなど、事務の効率化にも努めています。
今後も、地域の皆さんと一緒にイベントを作り上げ、玉島のまちをさらに盛り上げていきたいです。
・玉島夜市でミックスジュースを作る善木隊員

■和田大地さん
活動分野:商工分野
転入前住所地:大阪府
受け入れ団体:NPO法人備中まちづくりネットワーク
活動開始月:令和元年5月

◇「備中玉島みなと朝市」を地域全体で協力して作り上げたい
以前、他県で地域おこし協力隊として観光分野で活動した経験があり、玉島での活動に興味を持ちました。
主に「備中玉島みなと朝市」の運営や会場設営などを担当しています。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で3月以降は中止していましたが、現在は9月からの再開に向けて準備を進めています。
朝市には、毎月約50店舗が参加し、来場者数は年々増加しています。チラシやポスターの他、インスタグラム(@tamashimagram)で、朝市や玉島のグルメ情報などを発信していることもあり、若い世代の来場者も増えてきています。
参加店舗や参加者が増えるにつれ、運営事務も増えるなど大変な事もありますが、来場者の楽しそうな姿や商店街が活気にあふれているのを見るとやりがいを感じます。現在、隊員2人で朝市の運営を担当していますが、今後は地元のさまざまな人に運営に参加していただき、地域全体で朝市を盛り上げていきたいと思います。
・毎月第2(日)に開催される備中玉島みなと朝市

■岩井空さん
活動分野:商工分野
転入前住所地:大阪府
受け入れ団体:真備船穂商工会
活動開始月:令和元年10月

◇真備の方々の声を聴き、寄り添った活動をしたい
平成30年7月豪雨災害の報道を見て、以前住んでいた倉敷市の復興のために何かしたいと感じていたところ、中学校の同級生だった亀鷹隊員から誘いを受け、応募を決めました。
現在は、被災した事業所の復興状況の調査など真備船穂商工会の業務をサポートしています。今年5月には、亀鷹隊員と一緒にアンケートを取り、復興の状況や困っていることなどの聞き取りを行いました。地元の人からは、近所の人との交流の場が欲しいなどの声が多く、イベント運営などで住民同士の交流を深める手助けができればと思います。
また、4・5月は、新型コロナウイルス感染症の拡大によるマスク不足を受け、地元企業でマスク製作を手伝いました。地元の方々に加え、県外の方からも好評で、たくさんの注文を頂きました。
今後も、被災した事業者や地域の方々の声を丁寧に聴き、寄り添った活動をしていきたいです。
・地域住民に被災状況の聞き取りを行う岩井隊員と亀鷹隊員

■亀鷹皓平さん
活動分野:商工分野
転入前住所地:東京都
受け入れ団体:真備船穂商工会
活動開始月:令和元年8月

◇竹を使った特産品を開発し、真備ブランドの魅力を発信したい
平成30年7月豪雨災害後、真備地区の被災状況を知り、国際協力分野での活動経験を生かして、真備地区の復興のために活動したいと思い、応募しました。
現在は、真備地区の竹を使ったオリジナルの商品を開発中で、岩井隊員と一緒に来年度中の販売開始を目指して準備を進めています。セミナーなどに参加してブランディングを学び、中・長期計画などを考える際に生かしています。また、元々真備にあるさまざまな特産品を一度に閲覧・購入などができるウェブサイトの制作なども検討しています。
また、真備船穂商工会のイベント運営や地域の活動などにも参加し、「竹あかり」の材料となる竹の切り出しや、朝市の会場設営、商工会ブースの補助を行いました。
活動を通して地域の人々と信頼関係を築き、真備のブランディングを進め、魅力を広く発信していきたいと考えています。
・真備の復興を祈って灯された「竹あかり」
・真備町緑化協会の皆さんと門松を制作

問合せ:本庁企画経営室くらしき移住定住推進室
【電話】426-3153

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU