文字サイズ
自治体の皆さまへ

まび復興通信

1/71

岡山県倉敷市

■真備図書館が、1月30日(土)から元の場所で業務を再開
真備公民館内の仮設真備図書館で業務を行ってきましたが、復旧工事が完了し、1月30日(土)から元の場所で業務を再開します。

◇開館に向けて準備を進めています
約102,200点の資料(一般書約68,000冊、児童書約32,000冊、視聴覚資料約2,200点)が利用できる予定です。また、館内に新たに授乳室を設置します。

◇開館に伴い、仮設真備図書館を1月25日(月)に閉館します
1月10日(日)までは、通常通り開館します。1月13日(水)~24日(日)は、予約本の受け取りと返却のみ可能です。

問合せ:仮設真備図書館(真備公民館内)・真備図書館
【電話】698-9393

■まびいきいきプラザが、2月中に本館で業務を再開予定
敷地内の仮設プレハブで業務を行ってきましたが、建物の復旧工事完了後、2月中に本館で業務を再開する予定です。それに伴い、仮設プレハブでの業務を1月24日(日)に終了します。詳しくは、ホームページで確認してください。

問合せ:まびいきいきプラザ仮設プレハブ
【電話】080-8230-1519
【HP】https://kgwc.or.jp/mabiplaza/

■税の申告相談会を真備公民館で開催
平成30年7月豪雨で被災し、令和元年分所得税などの確定申告で控除しきれなかった損失額がある個人を対象に、倉敷税務署と市が相談に応じます。
期間:1月26日(火)~2月3日(水)((土)(日)除く)
受付時間:9時~16時。混雑状況により、受け付け終了時刻を繰り上げる場合があります。
場所:真備公民館(真備町箭田1685)
持参書類:
・平成30年分・令和元年分の所得税などの確定申告書の控え
・平成30年分の雑損失(雑損控除)計算明細書の控え
・令和2年分の所得金額が分かる書類(給与所得や年金所得の源泉徴収票・収支内訳書・青色申告決算書など)
・令和2年分の所得控除の分かるもの(社会保険料控除証明書・生命保険料控除証明書・寄附金受領証明書など)
・平成30年分の確定申告以降、令和元年10月25日までに支出したリフォームなどの原状回復費用がある場合、その支出が分かる領収証など
・令和2年に新たに住宅借入金等特別控除の適用を受けるための必要書類(登記事項証明書、売買契約書の写しまたは請負契約書の写し、住宅取得資金借入金の残高証明書など)

問合せ:
倉敷税務署【電話】422-1285
本庁市民税課【電話】426-3181

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU