ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症対策2

4/47

岡山県津山市

◆収入の減少などに関する相談
◇生活相談
収入の減少や失業などで生活に悩みがある人は、相談してください。専門の相談員が、悩みごとの解決に向けた提案や支援を行います。
受付時間:平日午前9時~午後4時

問合せ:津山市 自立相談支援センター(市役所1階)
【電話】32-2133

◇生活資金の貸し付け
収入の減少や失業などにより、日常生活を続けていくことが困難となっている人、緊急・一時的に生活費を必要とする人などに、資金の貸し付けなどを行います。条件など、詳しくはお問い合わせください。
受付時間:平日午前9時~午後5時
申込期間:7月31日(金)

問合せ:津山市 社会福祉協議会(津山市総合福祉会館内)
【電話】23-5130

◇特別定額給付金
特別定額給付金の申請書は、対象者が属する世帯の世帯主などに、5月後半に送付し、支給を開始します。詳しくは、送付する書類をご覧いただくか、お問い合わせください。
対象者:令和2年4月27日に津山市の住民基本台帳に記録されている人
給付額:世帯員1人に付き10万円

問合せ:特別定額給付金事業推進室(東庁舎1階 E101会議室)
【電話】32-2169

◇税金などの支払いを猶予できる制度
新型コロナウィルス感染症の影響で収入が減少し、生活に困っている人など、事業や収入に著しい影響を受けた人は、税金や公共料金などの納付を令和3年3月31日(水)まで延長できる場合があります。
申請方法など、詳しくは対象となる税金などの担当窓口に、事前にお問い合わせください。
対象:市税、国民健康保険料、市営住宅使用料、水道使用料などの納付者
主な要件:新型コロナウイルスの影響で、次のいずれかにより税金などの支払いが困難となった場合
・本人または生計を共にする親族が、新型コロナウィルス感染症に感染した
・やむを得ず事業を休業・廃業した、または事業の利益が減少するなど著しい損失を受けた
・新型コロナウィルス感染症の患者が発生し、施設内を消毒したことで、備品や商品などを廃棄した
・給与などの収入が著しく減少した など
※対象となる窓口が複数ある場合は、いずれか1カ所で手続きすることができます

問合せ:債権管理室(市役所2階)
【電話】32-2060

■中小企業者などの経営相談
経営や資金繰りなどに影響を受けている、その恐れがある市内の中小企業者・小規模事業者の相談窓口を設置しています。
日時:平日午前8時30分~午後5時15分
場所:つやま産業支援センター(みらい産業課内 東庁舎1階)

問合せ:つやま産業支援センター
【電話】24-0740

◆不審な電話、訪問者などにご注意ください
新型コロナウイルスについて、一見すると役に立つと思わせる情報や不安をあおる情報が記載されたメールなどが確認されています。不審なメールのリンクを開かない、発信源が確かではない情報をSNS(ソーシャルネットワークキングサービス)で拡散しないなど、冷静に対応してください。
また、「助成金があるので家族構成や口座情報を教えて欲しい」「ウイルスが水道水に混ざっているので消毒に行く」など、不審な電話や訪問者にご注意ください。少しでもおかしいと感じたら、津山市消費生活センター(環境生活課内:市役所1階)などに相談しましょう。

問合せ:
津山市消費生活センター【電話】32-2057(平日午前8時30分~午後5時15分)
消費者ホットライン【電話】188(土曜日・日曜日・祝日対応)
警察相談専用電話【電話】#9110(24時間対応)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU