ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新体制の農業委員会がスタート

6/31

岩手県滝沢市

■任期満了に伴う改選の結果農業委員と農地利用最適化推進委員に20人が就任
任期満了に伴い農業委員9人、農地利用最適化推進委員11人の新体制がスタートしました。
農業委員の業務は主に総会での審議や議案の議決、推進委員の業務は担当地区における現場活動などです。
農業委員と推進委員が連携し、担い手の農地の集積・集約化、遊休農地対策、新規参入の促進など農地利用の最適化の推進に取り組みます。
農地を「貸したい、借りたい。売りたい、買いたい」などについては、お近くの農業委員、推進委員または農業委員会にお気軽にご相談ください。
両委員ともに任期は令和2年7月20日から令和5年7月19日までの3年間です。

▽農業委員
・会長 齊藤新一(篠木綾織・3期)
・会長職務代理者 大森泰英(妻の神・4期)
・駿河信一(土沢・1期)
・太田豊(鵜飼安達・2期)
・新田義修(盛岡市北松園・3期)
・佐藤恵一郎(大沢米倉・1期)
・武田美紀(大釜小屋敷・2期)
・髙橋敏彦(下鵜飼・1期)
・吉清水秀明(大釜風林・2期)

▽農地利用最適化推進委員
南部地区(大釜、小岩井)担当:
・齊藤修(1期)
・吉清水一之(2期)
南部地区(大沢、篠木)担当:
・長嶺敏彦(1期)
・佐藤桂(2期)
中部地区(鵜飼)担当:藤村与志夫(2期)
中部地区(元村、室小路)担当:
・井上浩児(1期)
・小山田正幸(1期)
東部地区担当:幅和弥(1期)
西部地区(柳沢、姥屋敷)担当:
・宮林和徳(2期)
・桑原和男(2期)
北部地区(一本木)担当:鈴木学(2期)

問い合わせ:農業委員会事務局
【電話】656-6595

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU