ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症に関する不当な差別や偏見をなくしましょう

1/17

岩手県盛岡市 クリエイティブ・コモンズ

新型コロナウイルスは、誰もが感染する可能性があります。感染した人やその家族、友人、医療従事者などに対する差別は決して許されません。また、インターネットを悪用した他人への中傷なども人権の侵害となります。憶測によるデマや誤った情報に惑わされず、冷静な対応を心掛けましょう。

◆次のような振る舞いは、決してしてはいけません。
○感染者・濃厚接触者に対して
・住所や勤務先を特定しようとする
・完治してからも登校や出勤を拒否する
・子どもに対するいじめ
○県外から来た人や県外ナンバーの車・所有者に対して
・暴言を吐く
・故意に車に傷を付ける
○医療関係者に対して
・本人や家族の入店を拒否したり嫌がらせをする
○マスクや消毒液販売のドラッグストアなどで
・欠品を責めるなどの過度なクレーム
○外国出身者に対して
・差別的な言動や暴言を吐く

感染した人や症状のある人を責めるのではなく、思いやりの気持ちを持ち、感染した人たちが早く治るよう励まし、治ったときに温かく迎えられるようにしましょう。
もし自分が感染したり症状があったら、周りにどうしてほしいかということを考えて行動しましょう。

▽国の人権相談窓口
新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめなどの被害にあった人からの電話相談を受け付けています。困ったときは、一人で悩まず話してみましょう。
・人権問題に関する相談
【電話】0570-003-110
・いじめ・虐待など子どもの相談
【電話】0120-007-110
・女性の人権相談
【電話】0570-070-810
・外国語での人権相談(10言語対応)
【電話】0570-090-911
※いずれも最寄りの法務局につながります

問合せ:総務課
【電話】626-7513
広報ID:1032232

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU