文字サイズ
自治体の皆さまへ

みんなのひろば-News from library 図書館だより

9/22

岩手県軽米町

児童生徒のおすすめ本と今月の新刊を紹介します

■図書館利用案内
貸出冊数:1人10冊まで
貸出期間:2週間以内

■お気に入りの一冊
◇日影未来(みらい)さん(軽米中学校2年)
「また、同じ夢を見ていた」著/佳野よる(双葉社)
「幸せとは何か」「人生とは?」この人生の中でも大きな課題となる2つの問題に対し、主人公は自分自身の答えを見つけていきます。作者である佳野よるさんは「人生は自分の意志で選択できる」ということを伝えたかったと発言しています。この本を読み終えるころ自分だけの「幸せとは何か」「人生とは?」の問いの答えがきっと見つかるはずです。自分だけの人生を生きるためのヒントをたくさんくれる感動の一冊です。

◇児童書
「あかいてぶくろ」作/いりやまさとし(講談社)
さむいあさ、赤いてぶくろはもう片方のてぶくろとはぐれてしまいました。ゆきの降るまちへ探しに出かけたけれど、なかなか見つかりません…

◇一般書
「誘拐ファミリー」著/新堂冬樹(双葉社)
70年間誘拐業を続けてきた浅井家。兄と弟は主導権を巡り、小さな衝突を繰り返すようになっていた。見かねた父親は、ふたりにある課題を与える。

◇テーマ図書展 色いろいろ
1月6日は語呂合わせで“色の日”。ペンキ屋さんなど色を扱う職業の人の記念日として制定されました。今月は色に関する絵本や色を扱う仕事の本などを展示しました!!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU