文字サイズ
自治体の皆さまへ

New Year’s greetings 2021-新年のごあいさつ

2/22

岩手県軽米町

■軽米町長 山本賢一
明けましておめでとうございます。新春を迎えるにあたり、町民の皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
昨年を振り返りますと、新型コロナウイルスが世界各地で流行し、日々の生活や経済に大きな影響を及ぼすなど先行きの不透明感が拭えない一年でありました。
そのような中でも町では、特別養護老人ホームいちい荘や新火葬場「かるまい斎苑」の供用開始、新萩田2号住宅の建設・入居開始など町民待望の施設が多数誕生する年でもありました。
今年は、令和3年度を始期とする町の最上位計画である「軽米町総合発展計画」を策定し、その計画に基づき町づくりを進めてまいります。現在、策定に向け準備を進めているところでありますが、当町の課題をしっかりと捉え、時代に合わせた新たな視点や町民の意見を計画に反映してまいります。
昨年、国が表明した2050年までにCO2などの温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を実現するため、町でも引き続き再生可能エネルギー推進事業に力を入れ、計画されている残り2カ所の太陽光発電所の完成に向け着々と事業を進めてまいります。
雇用の拡大を図るため、大型養鶏場や園芸施設の誘致を進めます。併せて町の農業のさらなる発展のため、ICTを活用した次世代型農業や6次産業化を推進してまいります。
子育て支援のさらなる充実を図ります。保育料・給食費の完全無料化は財源確保に努めることで、早期実現に向け取り組み、安心して子育てができる環境づくりを推進します。
新型コロナウイルスの影響は今年も続くことが予想されます。感染拡大防止対策と経済対策を引き続き実施し、with(ウィズ)コロナの意識に根ざした町政運営に努めていく所存です。
結びに、町民の皆さまが町に愛着と誇りを持てる町づくりを進めてまいりますので、皆さまのご支援、ご協力をお願い申し上げ、新年のあいさつと致します。

■町議会議長 松浦満雄
軽米町議会を代表して、謹んで新年のごあいさつを申し上げます。
本年は4年間の任期の折り返しの年を迎えます。各委員会の構成も改まり町民福祉の向上につながる新たな課題解決に向けて、議員一同、軽米町の発展のため、全力を傾注してまいります。

▽公職選挙法の一部が改正される
議員のなり手不足問題が深刻になりつつある中、選挙運動用の自動車、ビラ、ポスター作成費用を公費負担とする条例が制定されました。若者や女性の候補者が政治参加する議員一人ひとりの役割と責任が重くなり、議会改革の必要性を身近に感じているところであります。

▽議会の総意で施策提言
厳しい社会情勢の中、喫緊の課題であります人口減少対策について、議会といたしましても、重要な町政課題として「人口減少・少子化対策調査特別委員会」を設置して、町民の皆さま方からの意見を聴く会も設け議論を重ねてまいりました。昨年12月定例会で中間報告をいたしました。

▽町に対し4項目を要望
(1)子どもが安全で、安心して遊ぶことができる公園の整備、(2)子育て支援日本一の町にふさわしい、すこやかベビー祝い金や結婚祝金制度の見直しを行うこと、(3)出会いのサポートセンター的な場を常設すること、(4)移住対策の一つとして、役場職員採用条件の緩和。町出身者も含め移住等を条件に、年齢要件を超えた人たちを対象とした職員選考採用の導入。以上4項目について町に要望いたしました。今後、町当局と一体となって具体的な施策の実施について取り組んでまいります。

今後とも町民の声が反映され、議会の総意としての議会運営に努めてまいる所存であります。皆さまのご協力のほどよろしくお願いいたします。
結びに、本年が町民各位皆さま方にとりまして、輝かしい一年となりますようお祈り申し上げます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU