ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

平成31年度施政方針 新たな時代に向かって誇りあるまちづくり1

3/26

島根県安来市

3月1日、市議会3月定例会議で近藤市長が平成31年度の施政方針を表明しました。
今号では市政運営の基本的な考え方と主要施策の内容を抜粋して紹介します。

5月には、改元により新たな時代がスタートします。
安来市は、戦国時代に山陰山陽に大きな勢力を広げた尼子氏の本拠地として、また、明治・大正・昭和時代に至るまでハガネ流通の拠点港として、経済的にも文化的にも大いに栄えました。
新しい時代の「安来市」も市民の皆さんが我がまちに「誇り」を持っていただけるようなまちづくりをしていきたいと考えています。そのため、これまで新安来庁舎、総合文化ホール「アルテピア」、中海ふれあい公園、切川バイパスなど都市にふさわしい将来を見据えた基盤整備を進めてきました。
また、月山富田城跡や日本遺産「出雲國たたら風土記」、民謡安来節、足立美術館、清水寺などの地域資源を生かした取り組みやアルテピアでの多彩なイベント、教育・福祉・産業振興の先進的な取り組みなどを進めています。こうした取り組みは、周辺から注目を受けています。
日本海側有数の圏域の中でも存在感があり、豊かさを実感していただけるようなまちづくりにより、「誇り」を持っていただけるよう、今後ともハード・ソフトの両面でまちの更なる充実を図っていきます。
さらに、最大の課題である人口減少への対策は「安来市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を掲げて、「結婚・出産・子育て支援」、「産業振興」、「住環境向上」、「魅力的な地域形成」、「広域連携」からなる施策に全力で取り組んでいます。平成31年度は、総合戦略計画期間の最終年度にあたります。引き続きこれらの5つの施策を軸として自然減・社会減を抑制し、出生率向上と働く場の確保、快適な居住環境づくりを着実に進めていきます。

●平成31年度の予算編成
平成31年度予算編成にあたっては、引き続き第2次安来市総合計画将来像の実現に向けた取り組みを重点的かつ着実に進めます。
一方で、中期財政計画を踏まえ、費用対効果・事業規模・実施時期や終期の設定等を検証します。また、厳しい財政状況を職員一人ひとりが認識するとともに、緊急性、必要性の高い事業を最優先し、予算措置を行いました。

○子育て・教育文化分野
・不妊治療・子ども医療・新生児聴覚検査・予防接種費用助成・つどいの広場・親子交流センター事業など妊娠期から子育て期にわたる切れ目ない支援を引き続き実施します。
・保護者が安心して就労できる環境を整備していくため、放課後児童クラブの運営委託先を社会福祉法人等へも拡大するなど、充実に努めていきます。
・平成32年度からの順次全面実施となる新学習指導要領に備え、児童生徒のパソコン整備および、無線LAN環境整備を行います。また、大型提示装置の配備等のICT環境の充実に努め、情報活用能力の育成を進めてまいります。
・外国語活動や外国語科の授業を見据えて、外国語指導助手を増員し、児童生徒の「使える英語」の習得を目指します。
・経年劣化により老朽化が著しいスクールバスの車両更新を行い、児童の通学環境を整備するとともに、安全な運行管理を継続して実施します。
・学校給食は、十神、飯梨、能義、南、宇賀荘の小学校のセンター方式給食への移行に向けた整備を行います。
・学校・家庭・地域の三者が互いの取り組みや教育力を補完し合い、郷土愛の醸成につながる活動を展開していきます。
・安来運動公園庭球場など体育施設改修工事をはじめ市民が日常的にスポーツに親しむことができる環境づくりを計画的かつ着実に推進していきます。
・安来港の繁栄を今に伝える指定文化財の並河家・原本家保存修理の支援や加納美術館の展示室改修設計など保存や活用できる環境整備を進めます。

○保健・医療福祉分野
・平成31年度から3歳児健康診査で、視能訓練士による視力検査を新たに実施し、視覚異常の早期発見・早期治療を目指します。
・医学生・看護学生等奨学金制度の対象に薬学生を追加します。これにより地域医療を担う医師や薬剤師、看護・介護分野の人材確保を目指します。
・市立病院においては、経営改善と整備に係る検討を行い、将来にわたり持続可能な医療提供体制の構築を図っていきます。
・高齢者が住み慣れた地域で尊厳を持ち安心して暮らすことができるよう介護・医療・住まいの生活支援サービスを充実させます。また、介護予防のさらなる充実のため、住民が主体となって実施するミニサロンなど通いの場の拡充や生活支援ボランティアの養成などに取り組んでいきます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU