ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

情報ひろば お知らせ(3)

27/47

島根県松江市 クリエイティブ・コモンズ

■後期高齢者医療被保険者証の一斉更新
内容:75歳以上の人(65歳以上で広域連合が障がい認定した人を含む)が現在お使いの被保険者証(クリーム色)は、7月31日まで使えます。
8月1日からの新しい被保険者証(水色)は、7月中に特定記録郵便で郵送します。
また、30年中の所得の状況などにより、医療機関での負担割合が8月から変更になることがあります。被保険者証に記載されている自己負担割合(「1割」または「3割」)を確認してください。

◇減額認定証または限度額認定証(白色)を現在交付されている人
元年度も引き続き住民税非課税世帯の人は、7月中に新しい減額認定証を郵送します。
元年度も引き続き3割負担の人(住民税課税所得額が145万円以上690万円未満)は、7月中に新しい限度額認定証を郵送します。

問合せ:保険年金課
【電話】55-5325

■患者からの医薬品副作用報告制度が始まりました
内容:医薬品の安全対策に活用することを目的として、医薬品の副作用が疑われる場合、その医薬品を使用した患者またはその家族からの副作用情報を、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)が受付を行う制度が始まりました。
報告方法はPMDAのホームページまたは郵送で。紙による報告様式が必要な場合は、「患者副作用報告様式請求窓口(【電話】03-3506-9546)」に請求できます。
詳しくはホームページをご覧ください。

問合せ:独立行政法人医薬品医療機器総合機構 安全性情報・企画管理部患者副作用報告係
本制度に関する問い合わせは、下記のメールで。
【E-mail】kanjahokoku-question@pmda.go.jp

■国民年金はあなたの味方です
内容:日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、『国民年金に加入して保険料を納めること』が法律で義務付けられています。「年金はまだ先のこと…」とか「よくわからない」と思われるかもしれませんが、国民年金は、老後だけでなく現役世代の“安心”で“お得”な強い味方です。
・国が責任をもって運営しているので、安心です。
・基礎年金支給額の2分の1は、国が負担しています。未納の場合はこの国庫負担分も含めて受給できません。
・老後の給付(老齢基礎年金)は、生きている限り受け取れる一生涯の保障です。
・けがや病気などが原因で一定の障がいが残った時には《障害基礎年金》、死亡したときには、残された家族に《遺族基礎年金》が支給されるなど、現役世代の保障も充実しています。
・納めた保険料は全額が社会保険料控除の対象です。

問合せ:
保険年金課【電話】55-5263
日本年金機構松江年金事務所【電話】23-9540(代表)
※基礎年金番号が分かるものをご用意ください。

■妊娠中・子育て中の方へ 松江市訪問型子育てサポート事業のご案内
内容:一時的に家事やお子さんの世話が必要な時、松江市が認定した子育てホームサポーターが自宅に訪問し、お子さんの世話や家事支援を有償で行います。
・妊娠中でつわりがひどく家事を手伝ってほしい時
・赤ちゃんの沐浴を一人ですることが不安な時
・子どもと二人きりなので話し相手が欲しい時
・子どもとゆっくり過ごしたい時 など
*保護者が在宅している時の利用に限ります。
利用時間:午前7時から午後9時まで(年末年始を除く)
利用料金:(一人につき1時間あたり)

委託事業所:

申込み:委託事業所への事前登録が必要です。

問合せ:上記の各委託事業所または子育て支援センター
【電話】60-8141

■チョキチョキ訪問事業
内容:理美容所へ出かけることが困難な高齢者に対し、理美容師が自宅へ訪問し整髪サービスと生活状態のチェックを行います。
対象:松江市在住で下記のすべてに該当する人
(1)要介護1以上の人または身障者手帳を持ち肢体不自由にかかる障がいの等級が2級以上の人
(2)65歳以上のみの世帯に属する人または同居者から介護支援が受けられないと認められる人
(3)移動手段を持たないなど、理美容所に行くのが困難な人
(4)施設や病院に入所、入院していない人
料金:1回あたり上限2,000円(年に最大6回利用可能)
申込み:健康政策課または各支所市民生活課

問合せ:健康政策課
【電話】55-5568

■危険物安全週間(6月2日~8日)
推進標語「無事故への 構え一分の 隙も無く」
期間中は事故防止を目的とした事業を実施します。
危険物の取扱いについていま一度目を向けましょう。
※『危険物』とは消防法に定められたもので一般的に次のような危険性をもった物品をいいます。
1.火災発生の危険性が大きい
2.火災拡大の危険性が大きい
3.消火の困難性が高い
身近なものでは、ガソリン・灯油・油性塗料などです。

問合せ:消防本部予防課
【電話】32-9124

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU