ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

西ノ島町観光協会

10/23

島根県西ノ島町

■観光協会の新しい仲間を紹介します!
皆さん、はじめまして!
昨年の10月より、西ノ島町観光協会の職員として採用されました、土井康生(どいこうき)と申します。出身は広島県です。
隠岐に来て3年半になりますが、最初の3年間は知夫村で地域おこし協力隊として観光業務に従事していました。地域おこし協力隊の任期終了後も「隠岐に住みたい」「観光の仕事がしたい」という想いから、西ノ島町観光協会を志望致しました。
趣味はロードバイクとシーカヤック、好きなことは食べることです。西ノ島のご飯が美味しすぎて、4か月で体重が5キロ増えました・・・(笑)
まだまだ西ノ島について知らないことも多く、色々と教えてほしいので、気軽に声をかけていただけると幸いです。よろしくお願いします!

■西ノ島の自然の魅力Vol.35 『ニホンアカガエルの卵塊(らんかい)』
ある冬の朝、近所の方に誘われてご自宅の庭にある池を見に行ったところ、たくさんのニホンアカガエルの卵塊が産み落とされていました。
ニホンアカガエルは本州から九州、周辺の離島に分布している日本の固有種です。姿は隠岐固有の亜種であるオキタゴガエルに似ていますが、主に渓流の周りや伏流水内で産卵するオキタゴガエルに対し、ニホンアカガエルは平地の池や水田、水溜まりなどに産卵します。つまり、西ノ島の民家の周辺で見られる卵塊は、ほとんどニホンアカガエルと思われます。
現在、西ノ島にニホンアカガエルが産卵できる場所がどれほど残っているのか不明ですが、水田があった頃には相当な数がいたことでしょう。産卵の時期は1~2月ですので、卵塊を見つけたらそっと見守ってあげてくださいね。
文・:江崎 逸郎(元西ノ島町観光協会職員 北海道苫小牧市在住)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階