ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

香港の旧正月

11/23

島根県西ノ島町

国際交流員
ウォン・チンイン・クレオ

梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今年の旧正月の元日は2月5日(火)ですので、今回も我が家の旧正月の習慣についてお話ししたいと思います。

■香港では旧正月の挨拶回りに行く時に、お土産などは持っていきますか?
持っていきます!基本的にはチョコレートやお菓子のセットを用意しますが、年配の方のお家へ訪問する時は主にエッグロール(広東語:鶏蛋巻(ガイダンギュン))を持っていきます。エッグロールとは卵とバターを使った生地を薄く焼いて巻いたお菓子で、日本の有名なお菓子に似ています!
我が家には毎年親戚や両親の知り合いが挨拶に来るので、いただくギフトも多く、3人では食べきれないので、学校でクラスメイト達と一緒に食べていました。

■香港の旧正月の時に必ず食べる料理や品物はありますか?
いっぱいありますよ~♪日本の正月みたいに、旧正月の時は縁起の良い食べ物を食べます。
たとえば…
(1)魚:広東語で「魚」は、あまりの「余(ユ)」(繁体字表記「餘(ユ)」)と同じ発音ですので、「ものが無くならないように」という意味になります。
(2)エビ:広東語でエビの「蝦」は、笑い声「哈(ハ)」と同じ発音ですので、「よく笑う年になりますように」という意味になります。
(3)レタス:広東語でレタスは「生菜(サンチョイ)」と言い、お金がいっぱい付いてくる「生財(サンチョイ)」と同じ発音ですので、レタスを食べたら「お金が付いてくる」という意味になります。

■旧正月の時にやってはいけないことやタブーはありますか?
ありますよ~♪特に…
(1)泣いてはいけません!でないと、その年は泣いて過ごすことになります!
(マージャンで大負けしても泣いてはいけませんよww)
(2)怒ってはいけません!旧正月は家族団らんの時期で、皆で仲良く、元気よく過ごす時期ですから、喧嘩もだめですよ。
(3)本を買ったりはしません!広東語で本は「書(シュ)」と書いて、負けるの「輸(シュ)」と同じ発音ですので、本を買ったら同音異義で「負けを買う」ことになります。
あとは縁起の悪い話やお化けの話も禁止です!

花も飾りますよ!
広東語で「花開富貴(ファホイフグァイ)」、「花が開いて開運出世になる」という意味になります。
旧正月の時はよくスイセン、牡丹や蘭の花などを飾ります。中華文化では桃の花を飾ると、ご縁が運ばれてくると言われています!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階