文字サイズ
自治体の皆さまへ

Hello again! 国際交流員(CIR)の異文化交流コーナー

15/37

島根県雲南市

こんにちは、デレクです。

今年、ようやくたくさんの雪が降りました。雲南市に初めて来たとき、「冬はたくさんの雪が降りますよ」と言う人が多かったのに、最初の2年はちょっとしか降りませんでした。ほとんどの大人はたくさんの雪が降るのは好きではないと思いますが、私にとってはすごく懐かしくて大好きです。
子どもの頃、両親はいつも「家に居れば、家事をやらせるよ」と言っていたので、兄弟と一緒に外に行き、冬でも外で遊ばないといけなかったです。雪の上に横になって体で天使の形を作ることや兄弟と一緒に雪だるまやかまくらを作ったり、雪合戦をしたり、ソリに乗ったりしてよく遊びました。伝統的な飴も作りました。「Maple(メープル)Snow(スノー)Candy(キャンディー)」という飴で、メープルシロップと塩を混ぜて煮込んで、雪の上に注ぎます。冷えると硬くなり、それを取って食べます。

オハイオ州の冬は寒くてたくさん雪が降るため、冬のスポーツも人気です。アイスホッケーやアイススケート、ソリのレースなどをしたり、見たりすることができます。
今でもオハイオ州の子どもがしているか分かりませんが、子どもの頃、友達や兄弟、両親などにクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントを買って贈るために、近所の家を回り、大人がやりたくない仕事を代わりにしていました。冬は雪かきで、秋は落ち葉の片付け、春と夏は車を洗ったり、芝生を刈ったりして、一軒につき3~10ドルをもらいました。兄弟や友達と一緒にそういう仕事をする時、結構楽しいといつも思っていました。

もう、雲南市では雪が解け、いよいよ春に入るようです。オハイオ州の春はやや寒くてぬかるみが多い季節なので、以前は春があまり好きではなかったのですが、雲南市に来てから桜を見るのが楽しみでたまらないくらい春が好きになりました。雪が解け、桜が芽生えるとともに、皆さんの心の中で幸せの芽も生えて咲くようお祈り申し上げます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU