ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

町観光協会が新たにスタート(1)

6/32

愛媛県久万高原町

■久万高原町観光協会が一般社団法人としてスタートしました

観光協会が発足してから30年以上が経ちました。長い間任意団体として活動してきましたが、皆さまのお力添えのもと、令和2年2月20日、「一般社団法人 久万高原町観光協会」として新たなスタートを切りました。
これまで任意団体として役場に事務局を置いて活動をしてきましたが、専属の人間がいないため、町内の事業者や団体との連携が希薄になりがちで、事業への積極的な取り組みやその継続性が確保できないなどの問題がありました。また、団体としての信用性や認知度が低く、申請できる補助金や各種契約に制限がかかることもありました。これからは法人格を持った活動主体として、町民の皆さまや各団体との横のつながりを重要視し、スピード感のある事業展開を行ってまいります。
以下に、当協会が計画している事業のいくつかをご紹介します。

□新たな町内での遊びを提案・提供
まず1つ目は、交流人口を増やすための町内での遊びを提案・提供する事業についてです。昨年度、「GO!GO!久万高原」という体験型の観光商品を作りました。今年度はその商品の販売と検証、新商品の追加などを行います。これまでの観光は、行って・見て・終わりという単発の形になっていました。新たな視点で周遊と滞在時間の延長を意識した商品を作り、町内での消費拡大を図ります。

□町外・国外に向けた情報発信
2つ目は情報発信についてです。従来行ってきたプロモーションや情報発信は継続して行います。これからは、国内人口が一層減少することも考慮に入れ、国外に向けた観光プロモーションにも力を入れていきます。

□特産品の開発とブランド化の確立
3つ目は、特産品開発事業についてです。歴史や文化を大切にしながら、町の魅力でもある「高原」のイメージを一層引き立ててブランド化の確立を目指します。既存商品のブラッシュアップや新しい商品の開発を行い、販路拡大を図ります。
ますます少子高齢化が進む久万高原町に元気と活力をもたらすべく、新たに法人として誕生した久万高原町観光協会に、皆さまの温かいご支援とご協力をよろしくお願いします。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU